フェルナンド・アロンソの“絵文字アプリ”が登場

2017年2月17日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソが“絵文字アプリ”を発表した。

SNSを日常的に使用しているフェルナンド・アロンソは、様々な表情や感情を示すアイコンがパッケージされた絵文字アプリ「Fernando Alonso Emoji」を発表。絵文字には2015年のF1ブラジルGPのフリー走行でマシンが故障したあと、デッキチェアでくつろいでいるアロンソのイラストもある。

ストフェル・バンドーン 「MCL32はこれまでより“はるかに速い”」

2017年2月17日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、シミュレーターでテストしたMCL32がこれまでのマシンよりも“はるかに速くなっている”と語る。

ストフェル・バンドーンを含めた若手ドライバーは、高速化する今年のF1マシンのためにこれまでよりもハードに準備を進めている。

実際、カルロス・サインツは4キロ、エステバン・オコンは5キロ筋肉を増やしたことが明らかになっている。

ホンダ 「リスクを冒してF1エンジンに新しいコンセプトを採用した」

2017年2月15日
ホンダ F1 2017年 エンジン
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、2017年F1エンジンのために完全に異なるコンセプトを選ぶというリスクを冒したことを認めた。

2015年の厳しいシーズンを終え、昨年ホンダは進歩を遂げたが、以前としてメルセデス、フェラーリ、ルノーといったライバルには遅れをとっている。

長谷川祐介は、今ホンダがさらにギャップを縮めるために次世代のF1パワーユニットでリスクを冒したと述べた。

マクラーレン・ホンダ MCL32、エンジンサウンドを公開

2017年2月15日
マクラーレン・ホンダ MCL32
マクラーレン・ホンダは、2017年F1マシン『MCL32』のエンジンサウンドを公開した。

伝統的MP4の名称を廃止し、新たにMCL32というマシン名で2017年F1シーズンを戦うマクラーレン・ホンダ。

今回、マクラーレン・ホンダは、MCL32のエンジンを初始動。ホンダのV6ターボ F1エンジンのサウンドをチームの公式Twitterで公開した。

ホンダ、ガスリーのスーパーフォーミュラ参戦は「レッドブルからの打診」

2017年2月13日
ホンダ スーパーフォーミュラ
ホンダは、ピエール・ガスリーのスーパーフォーミュラ参戦はレッドブル・レーシングから打診があってのことだと説明した。

ホンダは13日(月)に「国内モータースポーツ活動計画発表会」を開催し、GP2王者でレッドブルのジュニアドライバーであるピエール・ガスリー((21歳)がチーム無限から2017年のスーパーフォーミュラに参戦することを発表。昨年のストフェル・バンドーンに続き、2年連続でGP2チャンピオンが日本で走ることになった。

ホンダ、2017年 スーパーフォーミュラ 参戦体制を発表

2017年2月13日
スーパーフォーミュラ ホンダ
ホンダは、2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権への参戦体制を発表した。

ホンダは13日(月)に2017年のモータースポーツ活動計画を発表。スーパーフォーミュラの参戦体制を発表した。

全日本スーパーフォーミュラ選手権では、熱効率を高めた2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-417E」を投入。

松下信治、2017年もARTグランプリからGP2に参戦

2017年2月13日
松下信治 2017 GP2
松下信治が、2017年もARTからGP2に参戦することが発表された。

ホンダは、2017年のモータースポーツ活動計画を発表。松下信治(23歳)が、ARTグランプリからGP2シリーズに参戦することを発表した。

GP2 シリーズは、F1への登竜門として位置づけられているカテゴリー。F1のサポートレースとして欧州を中心に各国で開催され、歴代のチャンピオンがF1で活躍している。

福住仁嶺、2017年もARTグランプリからGP3に参戦

2017年2月13日
福住仁嶺 2017 GP3
福住仁嶺が、2017年もARTグランプリからGP3に初参戦することが発表された。

ホンダは、2017年のモータースポーツ活動計画を発表。福住仁嶺(ふくずみ にれい:20歳)が、ARTグランプリからGP3シリーズに参戦することを発表した。

GP3シリーズは、GP2シリーズ同様F1のサポートレースとしてGP2とほぼ同時開催される。GP2のマシンとは異なる規格やメーカーが採用されている。

フェルナンド・アロンソ 「MCL32のカラーリングは教えられていない」

2017年2月12日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダの2017年F1マシン『MCL32』のカラーリングが何色になるかは気にしていないとし、重要なのは速いクルマだと語る。

マクラーレンは、この数週間でアップする画像にオレンジを挿し色に使用しており、MCL32にはオレンジのカラーリングが採用されるとの憶測が広まっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム