ホンダ F1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、2016年がもっと良いシーズンになることを期待していたと述べた。

ホンダがF1に復帰した2015年、新生マクラーレン・ホンダは、パフォーマンスと信頼性不足で散々なシーズンを過ごしたが、2016年は大きな進歩を果たした。

それにより、マクラーレン・ホンダは、49ポイントを獲得して、コンストラクターズ選手権で前年の9位から6位に上昇。

しかし、長谷川祐介はもっと良い結果を期待していたと語る。

「2015年は酷かったのは明らかですが、初年度は準備が全てでした」と長谷川祐介は Autosport にコメント。

「当然、それは我々が克服する必要があるステージでしたし、その点では当然の進展でした」

「ですが、私はもう少し多くを期待していました。もっとうまくやれることを期待していましたね」

長谷川祐介は、マクラーレンのライバルチームのいくつかを過小評価していたと認め、「フォース・インディアとハースはあのような良いクルマを造ってくるとは予想していなかった」と付け加えた。

また、長谷川祐介は、ホンダの強みとして信頼性を上げ、それによってパフォーマンスを見い出すことに集中できるようになったと述べた。

2015年、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは合わせて23基のパワーユニットを使用。合計で109のコンポーネントを必要とし、相当な数のグリッド降格ペナルティを科せられた。一方、メルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグは8基で、コンポーネントの使用は48だった。

だが、2016年は、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンで合わせて14基のパワーユニット、83のコンポーネントの使用まで抑えることができた。

「最大の改善点は信頼性でしたし、大部分のグランプリで非常に適切なプラクティスと走行時間を稼ぐことができました」と長谷川祐介はコメント。

「それでも、いくつか問題はありました。ですが、大部分は非常にうまく週末のプログラムを管理できましたし、それによってパフォーマンスを認識することができました」

長谷川祐介は、いかなる信頼性のリスクも避けたかったと語った。

「我々は信頼性の範囲内でパワーユニットを運営しています。それを上回ることはやりません」

「マイレージが4000kmであるならば、決して4000kmを超えることはありません。信頼性を超えてプッシュすることはありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ | マクラーレン