ルイス・ハミルトン、規約変更でスペシャルヘルメットを使えず

2015年4月2日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1マレーシアGPにむけてスペシャルヘルメットを用意していたが、実際にそれを使うことはできなかった。

メルセデスのタイトルスポンサーである石油会社ペトロナスはマレーシアを本拠地に置いており、マレーシアGPのタイトルスポンサーを務めている。

そのため、ルイス・ハミルトンは、同社のイメージカラーであるグリーンのカラーリングを施したヘルメットを用意していた。

2015年 F1ドライバー ヘルメット

2015年3月15日
2015年 F1ドライバー ヘルメット
2015年 開幕戦 F1オーストラリアGPに参戦するF1ドライバーのヘルメット一覧。

FIAは、各ドライバーの個性を際立たせるために、2015年のレギュレーションにF1ドライバーがシーズン中にヘルメットデザインを変更することを禁止する項目を盛り込んでいる。

ヘルメットデザインを変えることで有名なセバスチャン・ベッテルは、今年、長年籍を置いたレッドブルを離れてフェラーリに移籍。レッドブルのテンプレートではないデザインが新鮮だ。

セバスチャン・ベッテル、ヘルメットデザインの変更禁止を無視?

2015年3月3日
セバスチャン・ベッテル
FIAは、2015年のレギュレーションにF1ドライバーがシーズン中にヘルメットデザインを変更することを禁止する項目を正式に盛り込んだ。

2015年のF1スポーティングレギュレーションの21.1条では「ドライバーたちをコース上で見分けるのを容易にするため、各ドライバーのクラッシュヘルメットは一つのチャンピオンシップシーズンにおけるすべてのイベントで、実質的に同じカラーリングでなければならない」と規定。

ルイス・ハミルトン ヘルメット (2015年)

2015年3月1日
ルイス・ハミルトン ヘルメット

ルイス・ハミルトンの2015年のヘルメット。昨年同様、ベースカラーにパールホワイトを採用。2014年に2度目のワールドチャンピオンを獲得したことで、ヘルメットサイドには2つの星がデザインされた。

ニコ・ロズベルグ ヘルメット (2015年)

2015年3月1日
ニコ・ロズベルグ ヘルメット

ニコ・ロズベルグの2015年のヘルメット。昨年から採用する艶消しブラックのカラーリングとデザインを今年も継続。サイドにはイニシャルの“N”をシルバーのミラーカラリングでデザイン。さし色の“ペトロナスグリーン”が映える。シューベルト製。

F1:シーズン中のヘルメットデザインの変更を禁止へ

2015年2月18日
F1 ヘルメット
2015年に導入されるレギュレーションでは、F1ドライバーがシーズン中にヘルメットのデザインを変更するとことが禁止されるようだ。

F1の人気低迷が深刻化するなか、F1の代表者はドライバーが頻繁にヘルメットの色を変えることでファンがしらけているのではないかと懸念するようになった。

ニコラス・プロスト、ヘルメットは「父とアロンソの初期デザインをミックス」

2015年2月18日
ニコラス・プロスト
e.damsからフォーミュラEに参戦するニコラス・プロストが、ヘルメットに関するこだわりを語った。

4度のF1ワールドチャンピオン、アラン・プロストの息子であるニコラス・プロスト。ヘルメットは、その父親のデザインとフェルナンド・アロンソの初期デザインをミックスしたものだと説明した。

「ヘルメットのデザインについて言うと、多くを変えるのはあまり好きじゃないし、好みの感じに見えるだけでいいんだ」とニコラス・プロストはコメント。

フェリペ・ナッセヘルメット (2015年)

2015年1月31日
フェリペ・ナッセ ヘルメット (2015年)

フェリペ・ナッセの2015年のヘルメット。今年ザウバーでF1デビューを果たすブラジル出身のフェリペ・ナッセ。鮮やかな赤のカラーリングにホワイトのラインというシンプルなデザイン。頭頂部にはカーナンバーの“12”を掲載。Stilo製。

マーカス・エリクソン ヘルメット (2015年)

2015年1月31日
マーカス・エリクソン ヘルメット (2015年)

マーカス・エリクソンの2015年のヘルメット。今年ザウバーい移籍したスウェーデン出身のマーカス・エリクソン。カラーリングは、スウェーデンのナショナルカラーであるイエローとブルーを採用。デザインは昨年よりもシンプルになっている。頭頂部にはカーナンバーの“9”を掲載。BELL製。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム