ニコ・ロズベルグ ヘルメット (2015年)

2015年3月1日
ニコ・ロズベルグ ヘルメット

ニコ・ロズベルグの2015年のヘルメット。昨年から採用する艶消しブラックのカラーリングとデザインを今年も継続。サイドにはイニシャルの“N”をシルバーのミラーカラリングでデザイン。さし色の“ペトロナスグリーン”が映える。シューベルト製。

F1:シーズン中のヘルメットデザインの変更を禁止へ

2015年2月18日
F1 ヘルメット
2015年に導入されるレギュレーションでは、F1ドライバーがシーズン中にヘルメットのデザインを変更するとことが禁止されるようだ。

F1の人気低迷が深刻化するなか、F1の代表者はドライバーが頻繁にヘルメットの色を変えることでファンがしらけているのではないかと懸念するようになった。

ニコラス・プロスト、ヘルメットは「父とアロンソの初期デザインをミックス」

2015年2月18日
ニコラス・プロスト
e.damsからフォーミュラEに参戦するニコラス・プロストが、ヘルメットに関するこだわりを語った。

4度のF1ワールドチャンピオン、アラン・プロストの息子であるニコラス・プロスト。ヘルメットは、その父親のデザインとフェルナンド・アロンソの初期デザインをミックスしたものだと説明した。

「ヘルメットのデザインについて言うと、多くを変えるのはあまり好きじゃないし、好みの感じに見えるだけでいいんだ」とニコラス・プロストはコメント。

フェリペ・ナッセヘルメット (2015年)

2015年1月31日
フェリペ・ナッセ ヘルメット (2015年)

フェリペ・ナッセの2015年のヘルメット。今年ザウバーでF1デビューを果たすブラジル出身のフェリペ・ナッセ。鮮やかな赤のカラーリングにホワイトのラインというシンプルなデザイン。頭頂部にはカーナンバーの“12”を掲載。Stilo製。

マーカス・エリクソン ヘルメット (2015年)

2015年1月31日
マーカス・エリクソン ヘルメット (2015年)

マーカス・エリクソンの2015年のヘルメット。今年ザウバーい移籍したスウェーデン出身のマーカス・エリクソン。カラーリングは、スウェーデンのナショナルカラーであるイエローとブルーを採用。デザインは昨年よりもシンプルになっている。頭頂部にはカーナンバーの“9”を掲載。BELL製。

セルジオ・ペレス ヘルメット (2015年)

2015年1月23日
セルジオ・ペレス ヘルメット (2015年)

セルジオ・ペレスの2015年のヘルメット。今年は、イエローとグリーンのグラデーションとシルバーをベースカラーに採用。頭頂部にはメキシコ国旗をデザイン。側面にはレースナンバーの“11”、背面にメキシコの象形文字をモチーフにした柄がデザインされている。アライ製。

ニコ・ヒュルケンベルグ ヘルメット (2015年)

2015年1月23日
ニコ・ヒュルケンベルグ ヘルメット (2015年)

ニコ・ヒュルケンベルグの2015年のヘルメット。今年も手書きのようなユニークなラインを採用した基本デザインに変更はない。頭頂部のレースナンバー“27”のカラーは赤に変更。シューベルト製。

フェルナンド・アロンソ、フェラーリ最後のレースで特別ヘルメットを着用

2014年11月21日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、フェラーリでの最後のレースとなるF1アブダビGPで特別なヘルメットを着用する。

フェルナンド・アロンソは、5年間過ごしたフェラーリを今シーズン限りで離脱することを発表。2015年はマクラーレンに復帰するものとみられている。

F1アブダビGPがフェラーリでの最後のレースとなるフェルナンド・アロンソは、アブダビに特別なヘルメットを持ち込んだ。

ニコ・ロズベルグ、ワールドカップヘルメットのデザインを修正

2014年7月17日
ニコ・ロズベルグ ワールドカップ ヘルメット
ニコ・ロズベルグは、今週末のF1ドイツGPで使用しようとしていたヘルメットのデザインを修正した。

ニコ・ロズベルグは、サッカー ドイツ表彰のワールドカップ優勝を祝うヘルメットを用意。“Die Mannschaft(ドイツ代表)”の優勝回数を示す4つの星の上にワールドカップ・トロフィーが描かれていた。

だが、そのワールドカップ・トロフィーの画像がFIFAの肖像権を侵害することが明らかになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム