ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、F1パドックから批判を受けたフォーミュラEを擁護した。

先週末、世界中の関心を集めて北京の市街地でスタートした完全な電気自動車レースシリーズのフォーミュラEだが、最近、現F1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルはフォーミュラEを「くだらない」と批判。「僕はそれ(フォーミュラE)のファンではないし、視聴者としても興味がない」と述べていた。

F1で185戦を戦い、13回の表彰台を獲得したニック・ハイドフェルドは、フォーミュラE開幕戦の最終ラップの最終コーナーで、F1の伝説的ドライバーであるアラン・プロストの息子ニコラス・プロストとの衝突により優勝を逃したが、最終的にこのショーのスターになった。

ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオが共同設立したヴェンチュリーのドライバーであるニック・ハイドフェルドは、セバスチャン・ベッテルの態度をどう思うかとの質問に「セバスチャンのことは好きだし、彼がどういう文脈でそう言ったのかわからない」と Spox に答えた。

「でも、フォーミュラEは今のところF1と競合していないし、実際そうしたいとも思っていない。コンセプトがかなり違っている」

「だけど、このシリーズは、電気自動車とそれに対する自動車メーカーの関心を考えれば正当化される。どれくらい成功するかはまだわからない」

「F1でさえ、今は否定的な見出しに苦しんていると思うけど、F1はモータースポーツの頂点であり、これからもずっとそうだろう」

「でも、だからと言って、他のシリーズがあってはならないということではない」

少なくとも当面の間は、フォーミュラEはマシンのスピードのおかげで、F1の成功に危険をもたらすことはないと言われている。

Spox は記事の中で、ラップタイムから判断するとフォーミュラEはF1よりも“F3に近い”と報じた。

ニック・ハイドフェルドも「F1と比べると、パフォーマンスは控えめだ」と同意する。

「予選ではほぼ300馬力があり、マシンの重さは900kgだ。僕たちが使っているミシュランはスリックではないので遅いけど、ウェットでもドライでも使える」

「結局のところ、普通のシングルシーターのマシンであり、限界でドライブするのはいつも難しい」

「でも、僕が参戦することを選んだもうひとつの理由は、ライバルだ。ドライバーの質に関しては、F1にひけをとらない」

ニック・ハイドフェルドは、ますます金がかかるようになり、いわゆる“ペイドライバー”がかつてないほど勢力をふるっているF1とは、トレンドが違うと説明した。

「数年前に比べると、違いは明らかだ」とニック・ハイドフェルドは述べた。

「才能だけでF1に昇格するのは難しい」

「チームを批判するつもりはない。もちろん、チームはトラックでの実力に基づいてドライバーと契約する方を選ぶだろう。でも、チームは実力あるドライバーには給料を支払わなくはならない」

「残念なことに、大半のチームにとってF1は高すぎる。でも、そういうものだから仕方がない」

F1では、ダニール・クビアト、マックス・フェルスタッペン、メルセデスがリザーブドライバーとして新たに契約したパスカル・ヴェアラインが全員10代であることが話題になっている。

最後にニック・ハイドフェルドはF1のルーキーの低年齢化についてコメントした。

ニック・ハイドフェルドは「基本的に、成熟と経験は年齢とともに増すものだ」と説明。

2001年にキミ・ライコネンの最初のチームメイトだったニック・ハイドフェルドは「キミ(ライコネン)はうまくいったけど、それでも彼はマックスより年上だった」と述べた。

「全体的に、F1に最低年齢があれば、もっとよくなるし安全だろう。キミや、たぶんマックスのような例外的なドライバーもいるだろうけど、前もってそれを予想するのはとても難しい」

関連:フォーミュラE 北京:優勝はルーカス・ディ・グラッシ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニック・ハイドフェルド | フォーミュラE