フェラーリ F1 新型エンジン
ハースのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、フェラーリが供給する2017年型F1エンジンに感銘を受けていると述べ、そのパフォーマンスと信頼性の高さを称賛している。

フェラーリは、先週のF1バルセロナテストで好調なスタートを切っており、最大のライバルであるメルセデスのすぐ後ろにつけた。

同時にフェラーリのパワーユニットを搭載するハースの新車VF-17も優れパフォーマンスを披露。ギュンター・シュタイナーは、それがフェラーリの新型パワーユニットの信頼性が大きな部分を占めていると語る。

「エンジンとギアボックスに関して、我々は同じエンジンでほぼ完璧なテストを行うことができた。我々はエンジンを交換していない」とギュンター・シュタイナーは熱を込めて述べた。

「電気系のトラブルは2度あったが、それはソフトウェアの問題で、大きな機械的な問題はなかった。彼らは本当に素晴らしい仕事をしたと思う」

「新しいエンジン、それも完全に新しいエンジンでここにきて、このような信頼性があるのは、本当に素晴らしいことだ。他エンジンを見れば、かなり多くの問題があった」

「去年から今年にかけて、フェラーリは大きなステップアップを果たしている。それはとても嬉しいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース