エステバン・グティエレス
ハースのチーム代表ギュンター・シュタイナーは、エステバン・グティエレスとのF1ブラジルGPでの一件についてアブダビで話をするつもりだと述べた。

F1ブラジルGPを電気系のトラブルでリタイアしたエステバン・グティエレスは、ガレージ内で怒りを爆発させた。そして、彼を落ち着かせようしたギュンター・シュタイナーに無礼な態度をとっている様子が国際映像で流れた。

実際、エステバン・グティエレスは数日前にハースの2017年のプランから外れていることを伝えられており、ブラジルGPは精神的にも厳しい週末となったはずだ。

「あのようなことを口にするときは感情的になっているときだと思う」とギュンター・シュタイナーと認める。

「私はそれを尊重するし、私が言ったこと、彼が言ったことを議論したくはない。彼には彼の感情がある。その感情は傷ついていた。それは理解しているし、同じように尊重している。その尺度がどうたったかを振り返り、説明したくはない」

「そうするのがフェアだった。非常に主観的ではあるが、決定やその他いろいろなことによって彼は感情手kになっていた。数日それについて考えていたら、違っていただろう」

ギュンター・シュタイナーは、エステバン・グティエレスと二人で話し合って解決したいと考えている。

「ここに座り、我々がフェアだったかどうでなかったと議論するようなことはしたくない。人前で汚れた下着をおおやけの場で洗いたくはない」

「彼と話すつもりだ。アブダビで彼が落ち着いたときにもう一度ゆっくり話したいと彼に伝えてある」

関連:エステバン・グティエレス、チーム代表との一触即発の場面を弁明

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | エステバン・グティエレス