エステバン・オコン
フォース・インディアは、2017年のドライバー候補の中からエステバン・オコンに絞ったと Autosport が報じている。

ニコ・ヒュルケンベルグが2017年にルノーへ移籍することが決定したことで、フォース・インディアには空席ができた。

ルノーも獲得を狙っているエステバン・オコンは、パスカル・ウェーレイン、ジョリオン・パーマー、フェリペ・ナッセとともにフォース・インディアの獲得リストに名前を連ねていた。

先週、フォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤは会議を開き、4名のドライバーの適合性を議論。週末により多くの議論が重ねられ、メルセデスの契約ドライバーで今年マノーでF1を戦うエステバン・オコンに照準が絞られたとし、現在、契約の詳細が議論されているという。

エステバン・オコンは、昨年フォース・インディアのテストに参加し、チームにパフォーマンスを印象付けた。

また、メルセデスにとっても、エステバン・オコンの才能をより競争力のあるクルマで評価する機会となる。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンの現行契約は2018年末で期限を迎えることもあり、メルセデスは将来のオプションを契約している。

エステバン・オコンがフォース・インディアと契約を結んだ場合、2017年のルノーとハースの1つ、マノーとザウバーの2つとなる。

Esteban Ocon

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | エステバン・オコン