ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラは、2014年にリシ・コンペティツォーネからユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(USCC)に参戦する。

昨年まではAFコルセのドライバーとしてWEC世界耐久選手権に参戦していたジャンカルロ・フィジケラだが、2014年はリシ・コンペティツォーネと契約してUSCCのGTLMクラスでマッテオ・マルセリとともにフェラーリ458 GTEを走らせる。

開幕戦のデイトナ24時間には、ジャンマリア・ブルーニとオリビエ・バレッタを加えた4人で参戦する。

この発表により、ジャンカルロ・フィジケラが、2014年にAFコルセからWECに参戦する可能性はなくなったと考えられる。

ジャンカルロ・フィジケラのアメリカへの転向は、11月のWEC最終戦バーレーンでのAFコルセのドライバー組み換えに続くもの。

AFコルセは、ジャンマリア・ブルーニとトニ・バイランダーのタイトル獲得のチャンスを最大化するために、ジャンカルロ・フィジケラを71号車に降格していた。

今回のジャンカルロ・フィジケラの移籍について、フェラーリおよびAFコルセからのコメントは出ていない。

AFコルセの2014年のドライバー体制はまだ発表されていないが、ジャンマリア・ブルーニとトニ・バイランダーがフルシーズンを戦うとみられている。

2台目のドライバーには、フェラーリの非公式なGTドライバーとしてラインナップされているというダビデ・リゴンの名前が挙がっている。

昨年までAFコルセの71号車を走らせていた小林可夢偉は、F1復帰を目指してケータハムのドライバー候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャンカルロ・フィジケラ | AFコルセ