周冠宇、2017年にプレマからヨーロッパF3選手権に参戦

2016年12月13日
周冠宇(チョウ・グアンユー)
フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーである中国人ドライバーの周冠宇(チョウ・グアンユー)が、2017年にプレマからヨーロッパF3選手権に参戦することが発表された。

周冠宇は、2015年にプレマからイタリアF4に参戦して2位でシーズンを終えており、チームに復帰することとなる。今年はモトパークでF3に参戦し、2度の表彰台を獲得して13位でシーズンを終えている。

【動画】 フェラーリ フィナーリ・モンディアーリ 2016

2016年12月7日
フェラーリ フィナーリ・モンディアーリ 2016
フェラーリは、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイでフィナーリ・モンディアーリ(Finali Mondiali)を開催した。

今年で24回目を迎えるフィナーリ・モンディアーリ(Finali Mondiali)は、世界中のフェラーリファンが集まるモータースポーツイベント。

イベントでは、フェラーリ・チャレンジ・トロフィーの最終戦、GTカーやマラネロのF1クリエンティ部門による歴代F1カーの走行、フェラーリオーナーによるパレードランなどが行われた。

フェラーリ 「“ニコ問題”とは無関係」

2016年12月7日
フェラーリ F1
フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネは、メルセデスのニコ・ロズベルグの後任争いから自チームのドライバーを除外した。

セバウチャン・ベッテルは、メルセデスのシート候補として報道されているが、マウリツィオ・アリバベーネは、どんな形であれ、フェラーリは“ニコ問題”とは関係ないと語った。

フェラーリ 「このままではドライバーに見放される」

2016年12月7日
フェラーリ F1
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、2017年も今シーズンのような状況が続けば、2018年にはセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンという2人のF1ワールドチャンピオンを失ってしまうことになるかもしれないと危機感の募らせている。

ニコ・ロズベルグのF1引退により、セバスチャン・ベッテル本人は否定しているものの、メルセデスの空席にリンクされている。

セバスチャン・ベッテル、メルセデス移籍を否定

2016年12月5日
セバスチャン・ベッテル メルセデス 移籍
セバスチャン・ベッテルは、2017年にニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスに移籍するという噂を否定。焦点はフェラーリともに改善に取り組むことだと述べた。

ニコ・ロズベルグがF1引退を電撃発表したことで、チャンピオンチームのメルセデスに空席ができた。

メルセデスの非常勤会長を務めるニキ・ラウダは、F1グリッドの半分のドライバーが契約があるにも関わらず、シートについて問い合わせをしてきたと主張している。

セバスチャン・ベッテル 「タイトル争いをぶち壊したくなかった」

2016年12月1日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは2016年のワールドチャンピオンをかけた戦いを台無しにしたくなかったので、最終ラップで慎重になっていたと認めた。

だが、セバスチャン・ベッテルは、同じドイツ人のニコ・ロズベルグをサポートするために故意にオーバーテイクをしなかったとの見方を否定した。

「僕にとって、ニコはストレートであまりに速かった」とセバスチャン・ベッテルは Auto Motor und Sport にコメント。

フェラーリ、360度カメラをF1アブダビGPでテスト

2016年11月29日
フェラーリ F1 360度カメラ
フェラーリが、F1アブダビGPのフリー走行中に360度カメラをテストしていたと Digital Trends が報じている。

報道によると、フェラーリは360度カメラを装着してフリー走行で数ラップを走っていたいう。

モータースポーツレポーターのCraig Scarboroughがその証拠写真をTwitterに投稿した。カメラは「360fly」だとしている。

フェラーリ、2017年仕様の幅広リアウイングをテスト

2016年11月29日
フェラーリ 2017 F1
フェラーリは、ヤス・マリーナ・サーキットで行われているピレリのタイヤテストで2017年仕様を想定したとみられる幅の広いリアウイングを装着している。

2016年F1シーズンの興奮が冷めやらないなか、29日(火)にヤス・マリーナ・サーキットではピレリの2017年F1タイヤの最終開発テストが開始。テストには、メルセデス、レッドブル、フェラーリの3チームが参加。2015年型マシンをベースに来季のダウンフォースレベルに適応させたミュールカーを使用して参加している。

フェラーリ:セバスチャン・ベッテルが3位表彰台 / F1アブダビGP

2016年11月28日
フェラーリ F1 アブダビ 結果
フェラーリは、F1アブダビGPの決勝で、セバスチャン・ベッテルが3位表彰台、キミ・ライコネンが6位でレースを終えた。

2016年、フェラーリは、セバスチャン・ベッテルが212ポイントを獲得して4位、キミ・ライコネンが186ポイントを獲得して6位。合計398ポイントでコンストラクターズ選手権3位でシーズンを終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム