フェラーリ
フェラーリは、来週開催されるピレリテストをペドロ・デ・ラ・ロサとジュール・ビアンキが担当することを明らかにした。

今回のテストは、12月17日〜19日(木)の3日間、バーレーンで2014年のタイヤデータを集めるために行われる。

テストには、フェラーリ、レッドブル、メルセデス、トロ・ロッソの4チームが参加予定となっている。

フェラーリは、テストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサと、育成ドライバーでマルシャのレースドライバーであるジュール・ビアンキがフェラーリ F138のステアリングを握ることを発表。FIAは、3日間のテストで可能な限り最高のデータを集めるために2013年のマシンを使用することを許可している。

「ペドロ・デ・ラ・ロサとジュール・ビアンキがバーレーンで12月17日〜19日にピレリが運営するテストでフェラーリのマシンに乗る。データマネジメントや各日程のスケジュールはピレリによって定められるが、デ・ラ・ロサがF138で担当する最初の2日間の作業は2013年にデ・ラ・ロサが始めたシミュレーターでの開発作業の継続という意味で重要になる」

「ビアンキは最終日にドライブし、フェラーリ・ドライバー・アカデミーが行ってきた若手育成をめぐる活動の賛同のもと、彼が今年F1で果たしてきた成長を示す機会となるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ピレリ | ジュール・ビアンキ