2017年 F1プレシーズンテスト1回目:総合タイム&周回数・走行距離

2017年3月3日
F1 2017 合同テスト 周回数
2017年の1回目のF1プレシーズンテストとなる第1回目のバルセロナテストの終了した。

2月28日〜3月2日の4日間にわたってカタロニア・サーキットで行われた1回目のテストでは、全チームが新レギュレーションに適応した2017年F1マシンを投入。シェイクダウンテストを含めて新車の出来栄えをチェックした。

メルセデス W08:シャークフィンをチムニーダクト化

2017年3月2日
メルセデス W08 シャークフィン
メルセデスは、2017年F1マシンのエンジンカバーのエリアの開発をプッシュしている。

2017年F1マシンは、ロー&ワイドになったリアウイングへの気流の改善を狙って、ほぼ全てのマシンがシャークフィンを復活させている。

メルセデスは、F1バルセロナテストで特にそのエリアのテストを積極的に行っている。

メルセデス、“ダブルTウィング”をテスト

2017年2月28日
メルセデス F1 ダブルTウィング
メルセデスは、F1バルセロナテスト2日目に“ダブルTウィング”をテストしている。

今年、エンジンカバーの後端に前年のウィングの寸法を再現したTウィングという新たなソリューションが登場。メルセデスがフィルミングデーで搭載して話題を呼んだ。

その後、フェラーリ、ウィリアムズ、ハースといったチームがTウィングを搭載し、今季の注目のデバイスとなっている。

レッドブル 「シャークフィンの禁止を全チームに訴えたが却下された」

2017年2月28日
F1 シャークフィン
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2017年にむけてシャークフィンを禁止するよう訴えたが、F1戦略グループでは大多数のチームがシャークフィンを支持したと明かした。

新しいレギュレーションの産物として、2017年は全チームがマシンにシャークフィンを復活させることになった。

2017年 F1マシン 走行画像

2017年2月28日
F1 2017 新型マシン
2017年のF1プレシーズンテストが27日(月)にスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットでスタートした。

F1マシンをロー&ワイドなプロポーションに変える新たなレギュレーションが導入された今年、全10チームがテスト初日から2017年F1マシンを投入。

全てのチームが午前中にコースでの走行を実施。その模様を画像で紹介する。

メルセデス、W08でシャークフィンをテスト

2017年2月27日
メルセデス W08 シャークフィン
メルセデスは、F1バルセロナテストの午後の走行でシャークフィンをデビューさせた。これにより、2017年は全マシンがシャークフィンを装着する可能性が出てきた。

今年の新レギュレーションの産物として、これまで発表されたメルセデスを除く全マシンがニューマシンにシャークフィンを採用していた。

ウィリアムズとハース、Tウィングをテスト

2017年2月27日
F1 Tウィング
ウィリアムズとハースは、27日(月)にスタートした2017年のプレシーズンテスト初日にTウィングを登場させた。

2017年の空力レギュレーションにできた穴により、F1チームはエンジンカバーにシャークフィンを搭載、もしくは高い位置に“Tウィング”を装着することを促した。

2017年F1マシン:全10台が出揃う

2017年2月27日
F1 2017年 マシン
2017年シーズンの各チームのF1マシン全10台が出揃った。

2月17日にウィリアムズがFW40のイメージを公開したのを皮切りに先週は新車ラッシュの一週間。26日(日)に最後の発表となったトロ・ロッソがSTR12を披露して2017年の新型F1マシンが全て出揃った。

新たなレギュレーションが導入され、2017年のF1マシンはロー&ワイドなプロポーションを得た。

2017年F1マシンも残念ながら“突起ノーズ”が主流

2017年2月27日
2017年 F1マシン ノーズ
2017年F1マシンの新車ラッシュがスタート。残念ながら、ファンからは不評の“突起ノーズ”が主流となった。

新F1レギュレーションでは、F1マシンを高速化するだけでなく、幅広タイヤとワイド&ローなディメンションを採用したアグレッシブなルックスの“格好いい”F1マシンにすることも狙いとされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム