F1 2017年 マシン
2017年シーズンの各チームのF1マシン全10台が出揃った。

2月17日にウィリアムズがFW40のイメージを公開したのを皮切りに先週は新車ラッシュの一週間。26日(日)に最後の発表となったトロ・ロッソがSTR12を披露して2017年の新型F1マシンが全て出揃った。

新たなレギュレーションが導入され、2017年のF1マシンはロー&ワイドなプロポーションを得た。

幅広いタイヤと空力レギュレーションの変更により、2017年のF1マシンは1周あたり5秒のラップタイム短縮が見込まれている。

特徴的なのはノーズとエンジンカバー。ノーズはメルセデスとトロ・ロッソを除く8台に“突起”がつき、メルセデスを除いた9台に“シャークフィン”が装着された。そのメルセデスもシャークフィンを検討しているとしている。

また、マクラーレン・ホンダがオレンジを復活させたのを筆頭に、トロ・ロッソ、ザウバーなどがカラーリングを大幅に変更している。

■ メルセデス W08メルセデス W08

■ レッドブル RB13レッドブル RB13

■ フェラーリ SF70Hフェラーリ SF70H

■ フォース・インディア VJM10フォース・インディア VJM10

■ ウィリアムズ FW40ウィリアムズ FW40

■ マクラーレン・ホンダ MCL32マクラーレン・ホンダ MCL32

■ トロ・ロッソ STR12トロ・ロッソ STR12

■ ハース VF-17ハース VF-17

■ ルノー R.S.17ルノーF1 R.S.17

■ ザウバー C36ザウバー C36

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン