エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスは、ハースが自分を切ってケビン・マグヌッセンを起用した理由が理解できないと語る。

ハースは11日(金)、2017年をケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンのラインナップで戦うことを発表した。

自分を放出するというハースの決定を理解できるかと質問されたエステバン・グティエレスは「いいや」とコメント。

「でも、その一方で全体的にフェアな方法ではないと思う。シーズン序盤は僕にとってリズムを掴むのに理想的とは言えなかったからね」

「新チームなので、ポイントを獲得するチャンスがあったときに、多くのメカニカルトラブルがあった。多くのミスもあった。そうだね、いくつかは僕のミスだけど、チームでの方が多かった」

「僕がコントロールできない多くの状況があった。彼らのチームなので、最終的にはその決定を尊重するけどね」

「正しい方法で評価されたとは思わない。彼らはただ新聞を見て決定した。尊重はするけど、必ずしもそれに同意しているわけではない」

2017年のシートは、2013年と2014年に所属したザウバー、そしてマノーのシートしか残っていない。

エステバン・グティエレスは、2017年のF1シートを獲得する確率は“70%”くらいだが、リザーブドライバーへの復帰も除外していない。

「いくつかポジションはある。望ましくは、走りたい。運転し続けることが最も重要だ」

関連:ハース、ケビン・マグヌッセンとの契約を正式発表…グロージャンも残留

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・グティエレス | ハース