バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、F1に対抗する新シリーズ立ち上げの可能性を否定。F1に“ダメージ”を与えたくはないと主張した。

約40年間、F1のトップに君臨してきたバーニー・エクレストンだが、リバティ・メディアはF1買収が完了した後、チェイス・ケアリーを新CEOに任命。バーニー・エクレストンは第一線を退き、“名誉会長”としてアドバイザリー的な役割を与えられた。

それ以降、バーニー・エクレストンは沈黙を貫いており、何か次の動きがあるのではとの憶測が広まった。

だが、F1に対抗するシリーズを設立するとの推測が持ち上がったことから、バーニー・エクレストンは Reuters に声明を出した。

「私がFIA F1世界選手権と競合するシリーズを開始するという噂を片付けたい」とバーニー・エクレストンはコメント。

「ほぼ50年近く、私はチャンピオンシップを構築してきた。私はそれを誇りに思っており、それが損害を受けるのは最も見たくないことだ」

バーニー・エクレストンは、ここ数日の間に元同僚から受け取ったサポートに“非常に感動した”と述べ、リバティ・メディアは異なるF1を運営する立場にあると付け加えた。

「会社の新しいオーナーは、私がやってきた通常の最高責任者が行うような株主のために財政的な結果を生みだすというものとは異なるやり方で会社を管理していくことができる」

「ここ数年、また、会社の100%を所有していたときに、私が異なる株主のためにやってきたのはそれだ」

「私はチェイス・ケアリー(CEO)がすることができる贅沢なところが気に入った。チェイスはF1にお金をつぎ込むつもりであり、F1のサポーターがそれを評価することを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン