バーニー・エクレストン F1
リバティ・メディアのF1買収により、バーニー・エクレストンは、40年にも及ぶF1最高権威者の座を降りることになるようだ。

先週、FIAはリバティ・メディアがCVCからF1株式を買収し、新たなオーナーになることを承認。

リバティ・メディアは、3月のF1オーストラリアGP前にマネジメントチームを一新すると考えられてる。

Sky は、バーニー・エクレストンが現職から解かれることはほぼ確定的になっており、“来週前半にも発表が行われるかもしれない”と報じた。

「このスポーツに長くかかわってきたボスには、“終身会長”というような名誉職の肩書が用意され、実務からは離れることが提案されている」

「リバティ・メディアは、F1の商業的運営を全面的かつ劇的に推し進めることでF1が新たな時代を迎えるということを示していくつもりだ」

Sky は、バーニー・エクレストン後の体制として、メルセデスのチーム代表を務めたロス・ブラウンをF1スポーティングディエクターに、そして商業面の運営にはESPNでマーケティング担当重役を務めていたショーン・ブラッチスを据えるとしている。

バーニー・エクレストン、F1のCEOを退任
バーニー・エクレストン F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | リバティ・メディア