2016 F1 アメリカ 決勝 コメント
2016 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX

優勝:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「今日、キャリア50勝目を挙げることができた嬉しい。長くかかったけど、最も重要なのことは、堅実なレース週末を過ごせたことだ。ここはいつでも僕にとってとても良いレースになるね。それでも、これまで起こってきた信頼性の問題を考えて、ラインを通過したときにはとても安心した。スタートは100%クリアだったし、そうなることはわかっていた。いい気分だ。特にあれだけアップダウンがあった後に、ここでレースをコントロールできたんだからね。ここオースティンに戻ってきて最高だし、ファンの反応も信じられないくらいだ。来週もこの調子を維持したいし、メキシコで選手権争いを続けるのが待ちきれない」

2位:ニコ・ロズベルグ (メルセデス)
「スタートはうまくいったし、アウトサイドからルイスを抜こうとしたけど、最終的にはもっと良いラインからターン1を抜けてきたダニエル・リカルドがそれを最大に生かした。そこからはレッドブルをオーバーテイクするのが難しかったけど、戦略を変更したのが報われた。ミディアムタイヤで走ったことで多くの選択肢が生まれたし、特にバーチャルセーフティカーが入ったときに効果があった。ミディアムタイヤは本当に強いペースを示したし、クルマのフィーリングも素晴らしかったので、終盤にルイスに迫ることができたけど、すでに遅すぎたんだ。今週末は彼の方が良い仕事をしたし、勝利に相応しかった。メキシコでバトルを続けるのを楽しみにしている」

3位:ダニエル・リカルド (レッドブル)
「レース序盤はスーパーソフトが助けになったけど、実際、スタートはメルセデスよりそれほど良くはなかった。そのあとニコがアウトサイドにいるのが見えたので、インサイドに行ってチャンスを掴もうとした。もちろん、ターン1でリードを築きたかったけど、ターン2は十分に良かった。最初の数周はルイスについていこうとしたけど、彼のタイヤの方が少しうまく走れていた。十分に2位を目指せると思ったけど、今日はバーチャルセフティカーが有利に働かなかった。それほど落胆するつもりはない。とにかくここで表彰台に上がれたのはクールなことだ。ここに来るのが大好きだし、レース前の国家は物凄かったね。正直、鳥肌が立ったし、表彰台も素晴らしかった。また大量ポイントを獲得できたし、少なくともニコのペースがあったので、それは励みになるし、今後数日で自分たちにやれることをやっていきたい。もちろん、今日はマックスとキミは分だったし、僕とセブはそうではなかった。それでも、フェラーリに対して少し稼げたし、いい感じだと思う。このようなレースを続けて、最後の数戦でも表彰台を目指したい」

4位:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「全体的に今日は昨日よりも良い一日だったし、良いレースだった。スタートはそれほど良くなかった。ターン1で誰かが僕にヒットしたことを考えれば、かなりラッキーだった。ニコ・ロズベルグだったと思う。幸運にも何も壊れなかったし、続けることができた。その後もペースは良かったし、僕たちはタイヤを労わっていたので、他の人よりも長く走ることができた。レースは予想よりもちょっと難しかったし、今日はマックスからプレゼントをもらった。でも、残念なことにキミにもトラブルがあったし、リタイアしなければならなかった。チームとしては2台がポイントを獲得できる良いパフォーマンスだったはずだ」

5位:フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「今日は興味深く、いい一日だった。特にレース終盤は楽しかった。カルロスは、僕とフェリペとは異なる戦略とタイヤを適用していたので、僕たちはカルロスとの差を詰めることができた。僕たちのタイヤはトロ・ロッソのタイヤよりもいい状態にあったので、それをうまく利用した。最後の2周は非常に激しい戦いだった。僕たちのマシンの方がスピードがあったので、懸命にオーバーテイクしようとした。トロ・ロッソのマシンはストレートでは遅かったので、DRSを作動させれば、オーバーテイクするのはかなり簡単だった。45周にわたってカルロスに追従していたけど、彼は非常にいい、一貫性のある走りをし、ミスをしなかった。従って、2人でいいバトルを繰り広げることができた。今日のレースでウィリアムズのマシンを追い抜くには、タイトな低速コーナーといった異なる場所で、かなり強引にオーバーテイクする必要があった。難しいオーバーテイクだったけど、ファンのみんなに楽しんでもたえたことを願っている。今日の結果はモチベーションを上げることに繋がるので、5位という結果には満足している。ただ、今日は他チームのマシンが複数リタイアしたおかげでポジションをいくつか上げたし、ここでのレースペースは今週末を通してあまりよくなかった。従って、その理由を理解する必要がある」

6位:カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「今日の結果は、僕とチームにとって非常に特別な結果だ。最高の結果だよ! このトラックは何かはわからないけど、ここでレースをするたびに本当に良いフィーリングが得られるんだ! すっと忘れない週末だよ! F1での自己ベストタイのリザルトなのでとても嬉しいけど、今回の6位はバルセロナでの6位よりもちょっと特別だ。僕たちはここでこのような結果を達成するクルマがあるとは思っていなかったからね。レース前のシミュレーションで11位か12位でしかフィニッシュできないと出ていたけど、僕たちはここで5位を争ったんだ! 第1スティントではタイヤを長持ちさせることができたし、ウィリアムズに近くに留まって、そのあとはソフトタイヤでフェルナンドに対して良いギャップを築くことができた。バーチャールセーフティカーもちょっとラッキーだった。僕たちにとって本当に良いニュースだったし、突然ウィリアムズの前にいた。ソフトタイヤで最後までたどり着くのはとても難しいことはわかっていたけど、それにコミットして、そのセットで最後まで走り切った。最後の2周ではタイヤが残っていたかったし、とにかくベストを尽くしてしがみついていなければならなかったよ! フェルナンドとのバトルはとても楽しかったね! 彼がどのようにアタックしてくるか、どうやって彼に対して守ればいいかは完全にわかっている。過去12年間のレースで彼を見ているからね・・・ 彼がDRSを開けて『チャオ、チャオ』と言うまでは彼を抑え続けることができたのはかなりいい感じだったと思うよ! 本当に嬉しいし、満足している。今、僕の頭の中がどうなっているか想像できないと思う。たとえ外にそれが現れていないとしても僕は嬉しいよ! 今夜はシャンパンでお祝いするつもりだ。僕にとっては勝利のような感覚だ!」

7位:フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「本当に良いスタートが切れたし、素晴らしいレースになりそうだった。1コーナーでの自己を避けて、なんとか2台をオーバーテイクすることができた。僕たちのペースは本当に良かったし、後ろのクルマとのギャップを広げることができた。その後バーチャルセーフティカーが入ったのは本当に不運だった。僕は9秒リードしてたけど、サインツに前に出られて、多くのタイムとポイントを取られてしまったからね。最後はフェルナンドが僕が取っていたコーナーに飛び込んできて、僕のクルマにヒットし、それによって僕はパンクに見舞われた。6位、潜在的には5位でレースをフィニッシュできた全てのチャンスが破壊されたし、フォース・インディアにもギャップを縮められてしまった。もっと良い結果が出せたはずだ。メキシコにむけて前を見る時間だ」

8位:セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「僕たちのレースが1周目で妥協を強いられた後、8位は良いリカバリーだ。ターン11のブレーキングでクビアトにリアから激しく追突された。クビアトはミスしてコントロールを失っていた。突然、僕は事実上の最下位まで落ちてしまったし、クルマは酷いダメージを負っていた。リカバリーするのは難しかったけど、僕たちは段階的にポイント圏内まで戻ることができたし、最終的には悪い結果ではなかった。戦略上で全てを正しい判断ができたし、それによって両方のピットストップの両方でポジションを上げて、クルマのダメージを克服することができた。4ポイントを獲得して、ドライバーズ選手権で7位に上がったのはこの状況では良い結果だ。難しい週末になったとき、そして特に摩耗が激しいレースでは、持ちこたえてできる限り多くのポイントを取ることが重要だ。でも、僕たちは5位でフィニッシュできたと思うので、後悔は残るね」

9位:ジェンソン・バトン (マクラーレン・ホンダ)
「昨日はフラストレーションが溜まる一日だったので、今日のレースでポイントを獲得できたことにはかなり満足している。スタートはかなり混乱していて、いろいろなアクションがあった。19番手からのスタートとなったため、少し難しいレースになったものの、最初の2周はとても楽しかった。ポジションを大幅に上げ、トップ10圏内まで徐々に追い上げた。その後、2回目のピットストップで少し失敗し、ペレスにポジションを明け渡す結果となった。ただ、彼にはいずれ追い抜かれることになったと思う。レース後半は、前半ほどエキサイティングではなかった。タイヤを労わりながら、後方のマシンとの差を確認し、最後までタイヤをセーブしながらペレスを捕らえようとしてした。ただ最終的に、ペレスとは約3秒差だったと思う。9位入賞という結果はそれほど悪くはない。2台揃ってポイントを獲得できたことは、チームにとって素晴らしい結果だ。フェルナンドは5位入賞を果たすために、素晴らしい仕事をした。今日の彼は非常に速かったし、セーフティカーにもかなり助けられた。いつか僕もその幸運に恵まれることを願っているよ! いくつか力強いオーバーテイクをした。特に1コーナーでは、クリーンで、いいバトルを繰り広げることができた。徐々に追い上げていくのは楽しかった。残りのシーズンでは、土曜日のパフォーマンスを改善することが重要だ。悪い決断をしないようにし、予選でトップ10により近い順位につける必要がある。そうすれば、レースではさらに戦いを挑むことができる。メキシコシティで開催される次戦がいいレースになることを願っている。すでに次戦を楽しみにしているし、いい結果が出せればと思う」

10位:ロマン・グロージャン (ハース)
「今日はそれほど悪くはなかった。1周目はちょっと厄介だったけど、なんとか全てを切り抜けることができた。そのあとはアグレッシブな戦略で頑張った。戦略はかなりうまく行ったし、それには満足している。前の数台がリタイアしたのはラッキーだったけど、最終的に僕たちはレースをフィニッシュする必要があった。僕たちのホームの観客の前で1ポイントを獲得できたのはとても嬉しい。スタッフのためにもとても満足している。久しぶりのポイント獲得だ。もちろん、残りのシーズンでもポイントを獲得できれば素晴らしいね」

関連:【動画】 2016 F1アメリカGP 決勝レース ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー | F1アメリカGP