ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、将来のひとつはピレリに依存していると述べた。

2010年にヴァージン(現マルシャ)のF1シートを失って以降、ルーカス・ディ・グラッシは、ピレリのF1テストドライバーで重要な役割を担ってきた。

ルーカス・ディ・グラッシは「現在、彼らはF1をあと3年間続けていくかどうかを決めているところだ」と Totalrace にコメント。

「その(決定の)後、彼らはポジションを確定していくことになる」

「でも、それ以外にテストドライバーとして開発面を手伝うことについて3つのチームとまだ話をしている」とルーカス・ディ・グラッシは付け加えた。

ルーカス・ディ・グラッシは、ピレリの2013年タイヤは昨年と比較してかなり異なると述べた。

「今年のタイヤは全体的にもう少し柔らかくなるし、ブリスターが少なくなるので、働かせるのはもうちょっと楽になるだろう」とルーカス・ディ・グラッシはコメント。

「接地領域を増やすために形状も少しスクエアになってけど、それはあまりタイヤには影響しないだろう」

「でも、たぶん、より多くのピットストップが戻ってくると思う。チームはタイヤを理解しはじめて、ピットストップが少なくなっていた」

ルーカス・ディ・グラッシは、2013年にアウディからWEC(世界耐久選手権)への参戦が決定しており、2014年からスタートする電気自動車レース“フォーミュラE”の公式テストドライバーを務めることも決まっている。

ピレリのテストドライバーについて、以前テクニカルダイレクターを務めるポール・ヘンベリーは、ザウバーのシートを失った小林可夢偉の名前を挙げている。

関連:
ピレリ、小林可夢偉をF1テストドライバー候補に挙げる
ルーカス・ディ・グラッシ、2013年はアウディからWECに参戦
ルーカス・ディ・グラッシ、フォーミュラEの公式テストドライバーを担当

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーカス・ディ・グラッシ | ピレリ