ルーカス・ディ・グラッシ
先週スピルバーグでアウディRS5 DTMをテストしたルーカス・ディ・グラッシは、近い将来のDTMへの転向を否定している。

ルーカス・ディ・グラッシは、アウディ DTMのレギュラードライバーであるマイク・ロッケンフェラーとマティアス・エクストレム、そしてシングルシーターレーサーのニコ・ミューラーとともに4日間にわたるオーストリアでのテストに参加した。

ルーカス・ディ・グラッシは、DTMカーでの経験を楽しんだが、直近はスポーツカーに専念していると述べた。

「アウディとは中期的な契約を結んでいるし、来年も予定されているLMPプログラムに完全に専念している」とルーカス・ディ・グラッシはコメント。

「F1とLMPでの経験の組み合わせた僕のフィードバックが、DTMの同僚に少しでも役に立ったことを願っている」

テストには、アウディとメルセデスが参加したが、公式タイムは計測される、4日間とも変わりやすい天候のなかで実施された。

それでも、ルーカス・ディ・グラッシは、DTMカーの経験を楽しんだと語る。

「かなりポジティブな経験だった。それにマティアス・エクストレムと僕はドライビングスタイルがかなり似ていて、似たようなフィードバックを与えていたのも嬉しかったね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーカス・ディ・グラッシ | アウディ | DTM(ドイツツーリングカー選手権)