ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、F1ドライバーの協会GPDA会長を退任しようとしている。

Speed Week によると、ペドロ・デ・ラ・ロサは先週末にオーストラリアで退任を決断したといい、マレーシアGP前に後任について投票が行われると報じている。

フェラーリのテストドライバーを務めるペドロ・デ・ロサは、前任のルーベンス・バリチェロがインディカーに移籍した2012年にGPDAの会長を引き受けた。

現在、GPDAはペドロ・デ・ラ・ロサが会長を務め、ジェンソン・バトンとセバスチャン・ベッテルが理事を務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ペドロ・デ・ラ・ロサ