デビッド・クルサード 「引退を1年早まったかもしれない」

2009年6月30日
デビッド・クルサード
デビッド・クルサードは、F1からの引退が少なくとも1年は早すぎたと考えている。

デビッド・クルサードは、厳しいテストやレース週末をもう1年経験するエネルギーがないと懸念して、2008年シーズン末にF1を引退した。

しかし、2009年はシーズン中のテストが禁止されており、クルサードは、後任のセバスチャン・ベッテルのかわりにタイトル争いができたはずだと語る。

デビッド・クルサード、シルバーストンの思い出を語る

2009年6月18日
デビッド・クルサード レッドブル F1
レッドブルでF1親善大使を務めるデビッド・クルサードが、最後のシルバーストンGPを記念してシルバーストン・サーキットの思い出を語った。

デビッド・クルサード
まだレースを始める前の1990年にストウコーナーに立って、朝靄に包まれたマゴッツからハンガーストレートへ向かうフェラーリのV12エンジンを聞いていたのを思い出す。クルマが見える前からエンジン音が響き渡っていた。

デビッド・クルサード、アブダビGPのサーキットを見物

2009年4月16日
デビッド・クルサード
デビッド・クルサードは、2009年F1最終戦アブダビGPが行われるサーキットを上空から見物した。

今週末、レッドブル・エアレースのシーズン開幕戦がアブダビで開催される。

そこで、中国に行く前にデビッド・クルサードはアブダビに寄り、レッドブル・エアレース・メディア・パイロットが操縦するツーシーター機でレッドブル・エアレースのパイロット達が経験するGフォースを体験しながら新しいサーキットをチェックしようということになった。

デビッド・クルサード 「FIAはディフューザーを承認する」

2009年4月12日
デビッド・クルサード (レッドブル)
デビッド・クルサードは、来週火曜日に行わるディフュザーに関するFIAの公聴会でブラウンGP、トヨタ、ウィリアムズのディフューザーが合法と判断されると考えている。

昨年、現役F1レーサーを引退したデビッド・クルサードは、レッドブルにアドバイザーとして残っており、今年はリザーブドライバーとして登録されている。

レッドブルは、ディフューザーの合法性に疑問を呈しているチームのひとつだが、クルサードはFIAが抗議しているチームに対し、デザインが合法であると告げることを確信している。

デビッド・クルサード、レッドブルのリザーブドライバーとしてF1復帰

2009年3月25日
デビッド・クルサード (レッドブル)
デビッド・クルサードが、2009年シーズンの最初の数戦でレッドブルのリザーブドライバーを務めることが明らかになった。

レッドブル・レーシングは、ブレンドン・ハートリーとリザーブドライバー契約を結ぶことを望んでいるが、ハートリーはまだ必要なスーパーライセンスを給付されていない。

デビッド・クルサード 「バトンのF1キャリアは終焉の危機」

2009年2月11日
ジェンソン・バトンとデビッド・クルサード
ジェンソン・バトンが2009年シーズンのF1グリッドに並ぶことができなければ、バトンのF1キャリアは終わることを意味するかもしれない。そう語るのは、昨年F1を引退したデビッド・クルサードだ。

デビッド・クルサードは、バトンのF1でのキャリアが危機にさらされていると主張する。。

「もちろん100%正しいことは言えないが、バトンが現状を打破するのはかなり難しいだろう。F1は気まぐれなビジネスだからね」

デビッド・クルサード、スコットランドのスポーツ長者番付で2位

2009年1月5日
12億円を稼いだデビッド・クルサード
デビッド・クルサードは、スコットランドのスポーツ長者番付で2位となった。

15年間にわたるF1レースを引退したクルサードは、2008年に1,300万ドル(約12億1,200万円)を稼いだとされている。

クルサードは、モナコに所有するホテルへの投資や、レッドブルからの報酬、スポンサー契約により、スコットランドのスポーツ長者番付で2位につけた。

デビッド・クルサード、息子をデイトン君と命名

2008年11月25日
デビッド・クルサードとカレン・ミニエ
婚約者カレン・ミニエとの間に子供が誕生し、父親となったデビッド・クルサード。

クルサードJr.は、予定より3週間早い金曜日に2,800gで誕生。それから数日後、3人はベルギー・ブリュッセル近郊の自宅へと帰宅した。

クルサードJr.はデイトン(Dayton)君と名付けられた。

デビッド・クルサード、最後のF1シーズンを振り返る

2008年11月19日
デビッド・クルサード
デビッド・クルサードが、最後のF1シーズンを振り返った。今シーズン、デビッド・クルサードはF1ドライバーとしての最後の表彰台を達成し、最も多くの成功を収めたイギリス人ドライバーとして15年に渡るF1での活躍を終えた。

「対称的なことが好きな人ならば、僕のシーズンのスタートとフィニッシュには満足だろう。開幕戦のオーストラリアGPと最終戦のブラジルGPは第1コーナーのアクシデントで数百フィート走っただけでレースが終わったからね!」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム