インディカー
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、インディカーは本当に高いトップスピードが必要がどうかを検討するべきだと考えている。

先週末のインディカー最終戦ラスベガスで、多重クラッシュに巻き込まれたダン・ウェルドンが命を落とすという悲しい事故が起こった。

アメリカのシングルシーターではレース経験のないデビッド・クルサードだが、インディカーはファンを楽しませるために225mph(約362 km/h)でレースをする必要はないのではないかと Daily Telegraph のコラムに寄稿した。

「現在のインディカーのレースにおける努力には頭が下がる思いだ」とデビッド・クルサードは述べた。「家族と米国に引っ越し、そこで生計を立てる可能性もあった。だが、私にとっても単純に報酬に対する危険性が高すぎた」

「F1は許容できるレベルだと感じていたが、インディカーはおそらく安全面で20年遅れている」

「主な理由は単純だ。私の意見では、オーバールサーキットで225mphでホイール・トゥ・ホイールでレースをする必要はないと思う。観客を楽しませるためにそのようなことをする必要はない。F1には非常にウォールに近いストリート・サーキットがある。だが、スピードはずっと遅い」

デビッド・クルサードの元チームメイトであるマーク・ウェバーもオーバルで“一隊”となってレースをインディカーの特性に懸念を抱いている。だが、マーク・ウェバーは、インディカー・シリーズが、先週のイベントから学んでくれると信じている。

「一隊となるレースの要素が特に危険だと思っている」とマーク・ウェバーは Age にコメント。

「彼らは、シングルシーターがショートオーバルで350km/hでお互いにこすり合いながらぴったりとくっついてレースをしているという状況を検討していくことになるだろう」

「僕はオーバルでレースをしたことはないけど、経験したことのある多くの仲間と話をしているし、彼らが改善してもっと良い仕事をしたいと思っていることを知っている。35台による1時間の350km/hでの闘牛場レースをね」

「彼らがそれを学び、彼らがこのような事故、そしてこのようなレースから学び、今後の改善に目を向けていくと確信している」

デビッド・クルサードは、ダン・ウェルドンの事故によってインディカーシリーズに向けられたメディアの注目が、安全面の開発を速めてくれることを望むと述べた。

またデビッド・クルサードは、かつてインディカー参戦を考えたことがあったが、オーバルでの事故の激しさを見て、気持ちが変わったと明かした。

「僕自身、アマリカ合衆国にレースをしに行くという夢を常に抱いていた」

「若手ドライバーの頃、エンジニアとミルトンキーンズの共有アパートでインディ500のプラクティスを観ていたことを覚えている」

「そうしたらネルソン・ピケがクラッシュしたんだ。忘れられないヒーローの思い出だ。バイザーが開き、コックピットから叩き潰された足がぶら下がり、レーストラックを横滑りしていた。僕の夢はその瞬間に消え失せた」



関連:F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: デビッド・クルサード | インディカー