カルン・チャンドック
カルン・チャンドックはル・マン24時間レースはF1モナコGPよりも手強いチャンレンジだと考えている。

カルン・チャンドックは、2008年のGP2でモナコで表彰台を獲得。F1では、2010年にHRTでの14位が最高位となっている。

WEC世界耐久選手権へ転向したカルン・チャンドックは、昨年インド人ドライバーとして初めてル・マン24時間レースに参戦。LMP1クラスにJRMから参戦し、総合5位でフィニッシュした。

今年、カルン・チャンドックは、マーフィープロトタイプスからLMP2クラスに参戦する。

「ル・マンに戻ることにとても興奮している」とカルン・チャンドックはコメント。

「このレースは、名声という点でF1モナコGPと並ぶ一流のレースだ。でも、結果を出すという点ではずっと厳しいと思う」

「かなり長いレースだし、クルマを確実に走らせなければならないので、24時間が非常に長く感じる」

「去年ここでレースをして、歴史的な24時間レースに参戦し、フィニッシュした初のインド人になれたことは、僕のキャリアのハイライトのひとつだった」

カルン・チャンドックは、LMP2クラスへの転向は、22台のエントリーと台数は多くなるものの、勝利の可能性は高くなっていると述べた。

「去年はLMP1クラスにいたけど、問題は2つのメーカーチームにしか勝利のチャンスがないことだ」

「LMP2では、全てのチームがプライベートチームであり、クラス優勝を争うリアルなチャンスがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | ル・マン24時間レース