カルロス・サインツ 「トロ・ロッソがレッドブルに勝てると考えるのは危険」

2016年1月28日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、2016年にトロ・ロッソがレッドブルよりも優れていると考えるのは“危険な考え”だと主張する。

レッドブルのエンジン危機が解決し、レッドブルはタグ・ホイヤーのブランド名を掲げたルノー、トロ・ロッソは2015年型のフェラーリを搭載することで落ち着いた。

カルロス・サインツ 「フェルナンド・アロンソはとても良いお手本」

2016年1月21日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、自分のF1ルーキーシーズンにおいて、同じスペイン出身で2度のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが良いお手本になったと語る。

昨年、カルロス・サインツは、7度のポイントフィニッシュを成し遂げてドライバーズ選手権を15位で終えたが、同時に7度のリタイアを経験している。

カルロス・サインツ「チームオーダーなしでフェルスタッペンと戦いたい」

2016年1月7日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、2016年にはトロ・ロッソの首脳陣がチームメイトのマックス・フェルスタッペンともっと自由に戦わせてくれることを期待していると語った。

2015年にカルロス・サインツとマックス・フェルスタッペンという2人の新人ドライバーをデビューさせたトロ・ロッソだが、そのどちらに対しても、レース中にチームメイトを先に行かせるようにという無線による指示が出されることがあった。

カルロス・サインツ、F1ロシアGP決勝レース出場が決定

2015年10月11日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツが、F1ロシアGPの決勝レースに出場することが決定した。

カルロス・サインツは、土曜日の最終フリー走行のターン13でバリアに突っ込む大クラッシュを喫した。マシンはバリアの下に埋もれ、カルロス・サインツはメディカルスタッフの救助でマシンから脱した後、救急車でメディカルセンターに運ばれ、さらなる検査のためにヘリコプターで病院に搬送された。

カルロス・サインツが退院 ・・・ レース出場は日曜朝に判断

2015年10月11日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、土曜日の夜、フリー走行3回目の事故後に搬送された病院を退院した。

午前中に行われたF1ロシアGPの最終フリー走行の中盤、カルロス・サインツはターン13で激しいクラッシュを喫し、マシンはバリアに深く突っ込んだ。マシンから救出されたカルロス・サインツは救急車でサーキットのメディカルセンターに運ばれた後、さらなる検査のため地元ソチの病院にヘリコプターで搬送された。

カルロス・サインツに怪我はなし ・・・ 決勝レース出場の可能性も

2015年10月10日
カルロス・サインツ
F1ロシアGPの最終フリー走行でクラッシュを喫したカルロス・サインツは、病院で検査を受けた結果、無傷だったことが判明した。だが、予防措置として一晩入院することになった。

カルロス・サインツは、最終フリー走行中盤にターン13で激しいクラッシュを喫し、マシンはランオフエリアの端にあるバリアに深く突っ込んだ。マシンから救出されたカルロス・サインツは救急車でサーキットのメディカルセンターに運ばれた後、さらなる検査のため地元ソチの病院にヘリコプターで搬送された。

カルロス・サインツ、大クラッシュによりヘリコプターで病院に搬送

2015年10月10日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、F1ロシアGPの最終プラクティスで大クラッシュを喫し、ヘリコプターで病院に搬送された。

カルロス・サインツは、コーナーのブレーキングでコントロールを失い、ターン13のバリアーに深く突っ込んだ。

クルマから引き出されるまで数分かかったが、ストレッチャーに乗せられたカルロス・サインツは親指でOKのサインを示した。

カルロス・サインツ 「鈴鹿は一周走ったら好きになるはず」

2015年9月22日
カルロス・サインツ F1日本グランプリ
カルロス・サインツが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットについて語った。

カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「鈴鹿は、僕の好きなスパやシルバーストンにとても似ているように思う。本当に楽しいだろうね。たぶん金曜日に1周走ったら好きなトラックのひとつになるだろう」

カルロス・サインツ、マックス・フェルスタッペン優遇のトロ・ロッソに怒り

2015年7月27日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、F1ハンガリーGP決勝後に、所属チームのトロロッソに対する怒りが収まらなかったと認める。

カルロス・サインツの母国スペインのメディアは、12番手からスタートしたカルロス・サインツが、9番手からスタートしたチームメートのマックス・フェルスタッペンを追い抜いて前を走行していたにも関わらず、マックス・フェルスタッペンのほうに優先的なピットストップ戦略が提供されたと主張。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム