カルロス・サインツ F1 2016 ベルギー
カルロス・サインツが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「スパ・フランコルシャンは、シルバーストーンと並んでお気に入りのトラックだ。世界で最高のトラックだと言いたいね! ターン1(ラ・ソース)は優れたオーバーテイクポイントだ。ターン2は有名なオー・ルージュだ。全開だけど、FP1の1周目でそれができるかどうかはいつも疑わしい...おそらく世界で最高のコーナーだし、驚くべきコーナーだ!」

「そのあとのレ・コームもオーバーテイクには良い場所だし、ターン5とターン6は4速ギアの速いシケインだ。素晴らしい流れだ。ターン8はとても長いコーナーだし、そのあと、もうひとつのお気に入りのコーナーのターン10に到着する。オー・ルージュと同じくらい素晴らしいよ。ターン12とターン13も速いシケインだし、うまく立ち上がるのがターン14の鍵だ。そのあとのターン15から最終シケインまではずっと全開だ。前のクルマにオーバーテイクを仕掛けることができる。ここでレースをするのを本当に楽しみにしている。独特なレース週末だ!」

関連:2016 F1ベルギーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | トロ・ロッソ | F1ベルギーGP