ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、バース大学の名誉工学博士を授与された。

ジェンソン・バトンは6日(火)に授賞式に出席。「将来性のあるスポーツマンによってパーフェクトな人生のお手本」として支持されたジェンソン・バトンは、ジェイレント・オーウェン博士より名誉学位が授与された。

ジェンソン・バトンは17年にわたるF1キャリアで、305戦に出走。15勝、50回の表彰台、8回のポールポジションとファステストラップを記録している。

2018年までマクラーレン・ホンダと契約を結んでいるジェンソン・バトンだが、今年の最終戦アブダビGPが最後のF1レースになることを認めている。


ジェンソン・バトン、F1引退を決意 「今回がラストレース」
ジェンソン・バトン、F1引退を決意 「今回がラストレース」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン