セバスチャン・ブエミ、フォース・インディアと交渉

2012年10月29日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミが、フォース・インディアと交渉していると Blick が報じている。

昨年末にトロ・ロッソのシートを失い、今季はレッドブルのリザーブドライバーを勤めるセバスチャン・ブエミは、来季ニコ・ヒュルケンベルグがザウバーに移籍した場合、フォース・インディアの後任候補としてすでに名前が挙げられている。

レッドブル、2013年のF1復帰のためならセバスチャン・ブエミを解放

2012年9月24日
セバスチャン・ブエミ
レッドブルは、セバスチャン・ブエミが2013年にF1グリッドに復帰する道を見つけることができるのであれば、リザーブドライバーの役割から解放するとしている。

昨年末にトロ・ロッソのシートを失ったセバスチャン・ブエミは、今季レッドブルのリザーブドライバーを務めている。

しかし、ザウバーやフォース・インディア、ケータハムのシートが市場に出る可能性があり、セバスチャン・ブエミも候補として数えられている。

セバスチャン・ブエミ、2013年にHRTやマルシャでのF1復帰は除外

2012年8月10日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、2013年にF1グリッドに復帰できると確信している。

昨年末、レッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソを放出されたセバスチャン・ブエミは、今季レッドブルのリザーブドライバーを務めている。

「いいことだよ」とセバスチャン・ブエミは 20 Minuten にコメント。

レッドブル、来季もセバスチャン・ブエミにリザーブドライバーをオファー

2012年7月7日
セバスチャン・ブエミ
レッドブルは、2013年もセバスチャン・ブエミにリザーブドライバーを務めて欲しいと考えている。

セバスチャン・ブエミは、2011年末にジュニアチームのトロ・ロッソのレースシートを失った。

しかし、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、新しい役割におけるセバスチャン・ブエミのパフォーマンスに非常に満足していると述べた。

セバスチャン・ブエミ、レッドブルでの将来を信じる

2012年6月4日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、まだレッドブルでの役割を果たせると信じている。

セバスチャン・ブエミはに昨シーズン末、ハイメ・アルグエルスアリとともトロ・ロッソのシートを喪失。若手のダニエル・リチャルドとジャン・エリック・ベルニュにシートを明け渡した。

だが、セバスチャン・ブエミは、リザーブドライバーとしてレッドブルに籍を残している。

セバスチャン・ブエミ Q&A:トヨタでのル・マン参戦

2012年2月18日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミが、トヨタ・レーシングでル・マン24時間レースに参戦する心境を語った。

トヨタとは以前になにか関わりはありましたか?
僕の祖父は40年以上前からトヨタのディーラーを経営しているので、子供の頃はいつもトヨタで旅行としていた。実際、僕が5歳でカートを始めたときの最初ワークッショップやピットガレージは祖父のトヨタディラーだったので、トヨタ・レーシングのドライバーとして一周して戻ってきたことになるね!

セバスチャン・ブエミ、トヨタからル・マン24時間レースに参戦

2012年2月10日
セバスチャン・ブエミ
トヨタは、ル・マン24時間レースに参戦する2台目のドライバーにセバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン、そして石浦宏明を起用することを発表した。

2012年のFIA世界耐久選手権(WEC)にTOYOTA TS030 HYBRIDでシリーズエントリーするトヨタは、シリーズ第3戦ル・マン24時間レースには2台体制で参戦し、カーナンバー7の1台目のレースドライバーにはアレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエールと中嶋一貴の3名で参戦することを発表していた。

セバスチャン・ブエミ:プロフィール

2012年2月8日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミ (Sebastien Buemi)
所属:レッドブル・レーシング
リザーブドライバー
国籍:スイス
生年月日:1988年10月31日

セバスチャン・ブエミ、トヨタからル・マンに参戦?

2012年1月23日
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミが、今年トヨタからル・マン24時間レースに出場すると報じられている。

トロ・ロッソのレースシートを失ったセバスチャン・ブエミは、2012年はレッドブルのリザーブドライバーを務めるが、ル・マンに参戦したいとの願望があることを認めていた。

ル・マン24時間nレースは、6月中旬のF1カナダGPとF1ヨーロッパGPの間に開催される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム