ジャガー・ランドローバーシルバーストーン
ジャガー・ランドローバーは、シルバーストーンの買収に関してBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)との交渉を終了したことを発表した。

シルバーストーンの買収に関しては、ジャガー・ランドローバーの他、ジョナサン・パーマーのモータースポーツ・ビジョン社、ローレンス・トムリンソンのLNTグループ、そして、匿名のもう一社の4社が入札していた。

今年初め、ジャガー・ランドローバーの3300万ポンド(約42億円)の契約がポルシェによってブロックされたと報じられていた。ポルシェは、コンペティターが年間45日以上トラックを使用できないという契約を結んでいる。

ジャガー・ランドローバーは「ジャガー・ランドローバーは、近い将来に関するブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブとの交渉を終了した。今回シルバーストーンのリースもしkは購入に関するいかなる計画も続行することはない」と述べた。

F1イギリスGPは、ルイス・ハミルトンの成功もあり、満員の観客が詰めかけているが、損失の増加と資本剰余金の不足により、BRDCはシルバーストーンの買い手を探している。

BRDCの会長を務めるディレック・ワーウィックは、10月末までに契約を成立させたいと認めつつ、「それに自分の首をかけたくはない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP