F1イギリスGP:雨のためセーフティカー先導でスタート

2016年7月10日
F1 2016 イギリスGP 決勝
F1イギリスGPの決勝レースは、直前に降った雨により、セーフティカー先導でのスタートとなった。

レーススタートまで1時間を切ったところで、シルバーストーンに突然の豪雨が降り注いだ。

スチュワードは、セーフティカー先導でレースをすることを決定。全車がフルウェットタイヤを装着してのスタートとなった。

F1イギリスGP:決勝スターティンググリッド

2016年7月10日
2016 F1 イギリス 決勝 速報
F1イギリスGPの決勝スターティンググリッドが発表された。F1イギリスGPでは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がギアボックス交換によって5グリッド降格となる。

セバスチャン・ベッテルは予選を6番手で終えたが、ペナルティによって11番グリッドに降格。バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)からセルジオ・ペレス(フォース・インディア)までのグリッドが1つずつ繰り上がる。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は9番グリッドからスタートする。

F1イギリスGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数

2016年7月10日
ピレリ
ピレリは、F1イギリスGPの決勝レースにむけて各ドライバーが残している持ちタイヤ数を発表した。

予選では、フォース・インディアの2名がQ1でハードで走行した以外は、全てソフトタイヤでタイムが記録された。

ドライの場合、レース用にはハードとミディアムのいずれか1セットの使用が義務付けられているが、ピレリはハードコンパウンドは最大ラップ数はグレイニングによってミディアムより少ない26周とみており、28周のミディアムコンパウンドがレースタイヤになると考えている。

マーカス・エリクソン、決勝レース出場にゴーサイン

2016年7月10日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、FIAのメディカルチェックをパスし、決勝レースへの出場が認められた。

フリー走行3回目で大クラッシュを喫したマーカス・エリクソンは、自力でマシンを降りたものの、規則となっているメディカルチェックのため病院に搬送され、予選には出走できなかった。

FIAは、日曜日の朝に改めてメディカルチェックを行い、マーカス・エリクソンの決勝レース出場にゴーサインを出した。

F1 イギリスGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2016年7月10日
F1 イギリス 予選
2016 FORMULA 1 BRITISH GRAND PRIX

マクラーレン・ホンダ:アロンソがQ3進出 / F1イギリスGP 予選

2016年7月10日
マクラーレン・ホンダ F1 2016 イギリスGP 予選結果
マクラーレン・ホンダは、F1イギリスGPの予選で、フェルナンド・アロンソが10番手、ジェンソン・バトンが17番手だった。

フェルナンド・アロンソ (10番手)
「今のところ僕たちにとってはポジティブな週末だ。ストレートでのスピードはまだ少し不足しているけど、幸いにもここでは長いコーナーでその埋め合わせができているので、僕たちは明日ポイントを獲得できる位置につけていると思う」

ホンダ F1 「我々の進歩をさらに確認できた」 / F1イギリスGP 予選

2016年7月10日
ホンダ 2016 F1イギリスGP 予選
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダのF1イギリスGPの予選を振り返った。

長谷川祐介 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「シルバーストーンというパワーサーキットでQ3にアロンソが再び進出できました。コースオフでベストタイムは取り消されましたが、実力としては8番手を獲得できた可能性もあったので、マシンの進化が確認できたと思います」

【動画】 2016 F1イギリスGP 予選ハイライト

2016年7月10日
2016 F1 イギリス 予選 動画
2016 F1 第10戦 イギリスGPの予選が9日(土)、シルバーストーン・サーキットで行われた。

曇り空の涼しい気温のなかで行われたF1イギリスGPの予選。レース前にターン9、15、18がアドバンテージを得ないように“ゼロ・トレランス”に指定され、各コーナーでトラックリミットを超えた多くのドライバーがタイムを抹消されるという展開になった。

マーカス・エリクソン、レース前に再度メディカルチェック

2016年7月10日
マーカス・エリクソン
F1イギリスGPのフリー走行3回目に大クラッシュを喫したマーカス・エリクソンは、レース参加の許可を得るために決勝前に再度メディカルチェックを受けることになった。

マーカス・エリクソンは、ストウで膨らんで濡れた芝生でコントロールを失い、バリアに激しく衝突した。

マーカス・エリクソンは自力でマシンを降りたが、規則となっているメディカルチェックのため病院に搬送され、予選には出走できなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム