ピレリ:F1イギリスグランプリ 決勝レースレポート

2016年7月11日
ピレリ F1 イギリスグランプリ
ピレリが、F1イギリスグランプリの決勝レースを振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、ピレリの3種類のコンパウンドを使用して、母国グランプリ4勝目を挙げた。今年のイギリスグランプリ決勝は、スタート15分前の豪雨により、全ドライバーがCinturatoブルー・フルウェットタイヤを装着して、セーフティーカー先導で開始された。

メルセデス、ニコ・ロズベルグへのペナルティに控訴の意向

2016年7月11日
メルセデス
メルセデスは、ニコ・ロズベルグの順位を2位から3位に変えることになるスチュワードの裁定に対して控訴する意向を示している。

46周目の終わりにギアが7速にスタックするというトラブルが発生したニコ・ロズベルグに、メルセデスのピットウォールはステアリングホイールの設定変更を指示し、さらには残りのレースで“7速の使用を避ける”よう伝えた。

F1 イギリスGP 決勝:トップ10ドライバーコメント

2016年7月11日
F1 イギリス 決勝
2016 FORMULA 1 BRITISH GRAND PRIX

マクラーレン・ホンダ:ポイント獲得ならず / F1イギリスGP

2016年7月11日
マクラーレン・ホンダ F1 2016 イギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダは、F1イギリスGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが12位、フェルナンド・アロンソが13位だった。

ジェンソン・バトン (12位)
「セーフティカーが先導する中、レースを開始したのは正しい決断だった。路面が非常に濡れていたし、水たまりもたくさんあった。ただ、セーフティカーはあれよりも2周前に下がるべきだったと思う」

ホンダ F1 「我々の強さが十分ではなかった」 / F1イギリスGP

2016年7月11日
ホンダ F1 2016 イギリス
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダのF1イギリスGP決勝レースを振り返った。

長谷川祐介(ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「ウエットスタートからドライコンディションに変化するという難しい環境の中で、チームとドライバーは堅実なレース運びをしました。セーフティカー後のピットストップなどでも、ガレージは全くあわてることなく、すばらしい仕事を行っていました」

メルセデス:ルイス・ハミルトンが母国で圧勝 / F1イギリスGP

2016年7月11日
メルセデス 2016 F1 イギリス
メルセデスは、F1イギリスGPの決勝レースで、ルイス・ハミルトンが優勝。ニコ・ロズベルグは2位でフィニッシュしたものの、レース後に10秒加算ペナルティを科せられて3位だった。

ルイス・ハミルトン (優勝)
「今年全体で最高の週末だ! レース序盤に雨が降ってきたときは信じられなかった。“マジで?”と思ったよ。そういうことがあると、全員にとってかなり難しくなる。セーフティカーも全然見えなかった」

フェラーリ:レッドブルに完敗 / F1イギリスGP

2016年7月11日
フェラーリ 2016 F1 イギリス
フェラーリは、F1イギリスGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが5位、セバスチャン・ベッテルが9位だった。

キミ・ライコネン (5位)
「レース序盤はコンディションがとてもトリッキーだった。一部の場所では視界が悪く、ウェットタイヤのグリップはとても低かった。それでもできるだけ速く走ろうとして、何度か飛び出してしまった」

レッドブル:フェルスタッペンが2位表彰台 / F1イギリスGP

2016年7月11日
レッドブル 2016 F1 イギリス
レッドブルは、F1イギリスGPの決勝レースで、マックス・フェルスタッペンが3位でフィニッシュし、ロズベルグのペナルティで2位に昇格。ダニエル・リカルドは4位だった。

マックス・フェルスタッペン (2位)
「今日はとても良いペースがあると感じたし、路面が乾いたらとにかくやってみることにした。最初は水しぶきが酷くて、特にセクター1は前が見えにくかった」

ニコ・ロズベルグ、10秒加算ペナルティで3位に降格 / F1イギリスGP

2016年7月11日
ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、F1イギリスGPの決勝レースに無線通信ルールに違反したとして10秒加算ペナルティを科せられ、3位に降格した。

ニコ・ロズベルグは、レースの残り8周でギアボックスにトラブルが発生。その際、エンジニアはロズベルグに対しセッティングを変更すること、7速ギアを使わないことを指示した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム