F1 イギリスGP
シルバーストーンのオーナーで英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)は、リバティ・メディアと政府がF1イギリスGPの存続を手伝う可能性があると考えている。

昨年9月、BRDCの会長を務めるディレック・ワーウィックは、同クラブにとってレース運営費用があまりに高価になっていると述べており、クリスマス前にはBRDCのチェアマンを務めるジョン・グラントが、メンバーに宛てた手紙のなかで、同クラブが解除条項を発動されることを検討していることを示唆した。

シルバーストーンのF1イギリスGPの契約は2026年まで有効だが、2019年でレースを開催を終了する解除条項が盛り込まれている。

解除条項は、今年7月のレース前に発動する必要がある。

だが、ジョン・グラントは、リバティ・メディアのF1商業権への関与の増加が、正しい方向へのステップになる可能性があると考えている。

「いくつかのことは、我々の有利に進むことになりそうだ」とジョン・グラントは Autosport にコメント。

「F1のオーナーシップの変更は、中期的に役立つはずだ」

「リバティは、我々の見解に心から同情してくれているようだ」

「我々は経済方程式のバランシングを必要としている。我々は多くの方法を調べており、多くの関係者と話をしている」

また、伝統的に政府の資金がシルバーストーンの救済に充てられることはなかったが、公共部門が援助の手を差し伸べる可能性があるという。

「公的資金の使用について説得力のある議論がされているが、我々はF1がリッチなスポーツだと見なされていることを理解している」とジョン・グラントはコメント。

「キャッシュが公的に可能だとは思わないが、他にもいくつか公的なサポートがあるかもしれない」

また、ジョン・グラントは、BRDCが解除条項を発動したとしても、それが必ずしもF1イギリスGPの終わりを意味するわけではないと付け加えた。

「それを行使したとしても、終わりだとはみなしていない。さらなる交渉のベースになるだろう」

「取り返しのつかないものだとは思っていない」

BRDCは、財政的に同クラブを助けるために、昨年、シルバーストーンの売却についていくつかの候補者と話をしていた。

だが、買収は緊急ではなくなっており、現在はグランプリ自体の決定が主な焦点となっている。

ジョン・グラントは、2018年からのワールドラリークロスの開催契約と2000万ポンド(約28億円)の遺産宝くじ基金の承認によって、BRDCの財政状況は強くなっていると考えている。

「我々は遺産宝くじ基金から素晴らしいサポートを得た。現在、必須の資金提供のバランシングの多くを提供するために地元議会と企業協力が集まっている」

「それは毎年シルバーストーンに50万人の新規訪問客をひきつけるはずであり、大きな前進だ」

「それに、ホテルにも力強いビジネスケースを提供する。それは長年、我々のウィッシュリストにあったことだ」

「スタートしているそれら全てのことによって、我々の全体的なフィーリングはより楽観的になっているし、すぐにシルバーストーンを売却する契約をまとめなければならないというプレッシャーは少なくなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP | リバティ・メディア