バルテリ・ボッタス 「鈴鹿はまるで母校に戻ったような感じがする」

2016年9月29日
バルテリ・ボッタス 2016 F1 鈴鹿 日本グランプリ
バルテリ・ボッタスが、2016年のF1日本グランプリにむけて鈴鹿サーキット、そして日本の魅力について語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「鈴鹿はお気に入りのサーキットだ。ここに来るとまるで母校に戻ったような感じがするんだ。サーキット全体が景観と一体となっていて、勾配の変化に富み、それぞれのターンに味がある」

ウィリアムズ、バルテリ・ボッタスの謎のシートベルト問題に当惑

2016年9月21日
バルテリ・ボッタス ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1シンガポールGPで発生したバルテリ・ボッタスの謎のシートベルト問題に頭を悩ませていると認める。

1周目のパンクで順位を落としていたバルテリ・ボッタスは、33周目に無線でシートベルトが解けていると報告。固定するために再度ピットインを強いられた。

「彼のシートベルトは解けていた。彼は我々にそれを伝え、すぐにピットに入った」とウィリアムズのパフォーマンス責任者を務めるロブ・スメドレーは述べた。

バルテリ・ボッタス:2016 F1シンガポールGP プレビュー

2016年9月13日
バルテリ・ボッタス F1 シンガポール
バルテリ・ボッタスが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「僕たちはカレンダーで最もチャレンジングなレースのひとつであるシンガポールでフライアウェイに戻る。トラックにはかなり多くのコーナーがあるので、ドライバーとしてシンガポールで完璧にラップをまとめるのはかなりトリッキーだ。でも、それができたときは本当に報われる」

バルテリ・ボッタス、エミリア・ピッカライネンと挙式

2016年9月12日
バルテリ・ボッタス エミリア・ピッカライネン
バルテリ・ボッタスとエミリア・ピッカライネンが10日(土)、ヘルシンキの聖ヨハネ教会で結婚式を挙げた。

結婚式は、家族や親しい友人のみが招待され、厳重なセキュリティのなかで行われた。同郷のミカ・ハッキネンとヘイキ・コバライネンが参加。メルセデスのアンバサダーを務めるハッキネンは、二人が乗るマイバッハの運転手を務めたという。

バルテリ・ボッタス 「ヘルメット調整がレッドブルを倒すために役立った」

2016年9月3日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、ヘルメットに施した変更がF1イタリアGPの予選でダニエル・リカルドを倒して5番グリッドを獲得するために必要なタイムを稼ぐことに役立ったと考えている。

バルテリ・ボッタスは、ヘルメットの上部にある2つのプラスチック製の通気孔を外して予選に挑み、Q3で0.001秒差でダニエル・リカルドを上回った。

バルテリ・ボッタス、ウィリアムズとの契約を2年延長との報道

2016年8月30日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスが、ウィリアムズとの契約を延長したようだ。

ルノーへの移籍が噂されたバルテリ・ボッタスだが、Auto BildSpeed Week といったメディアは、バルテリ・ボッタスが新たにウィリアムズと2年契約を結んだと報道。

バルテリ・ボッタスは現在の契約にオプションを有しているとされており、8月末が行使の期限だと噂されており、報道のタイミングは興味深い。

バルテリ・ボッタス:2016 F1ベルギーGP プレビュー

2016年8月25日
バルテリ・ボッタス F1 2016 ベルギー
バルテリ・ボッタスが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「間違いなくお気に入りのトラックのひとつだ。主に高速コーナーによってね。走るのがかなり楽しい。通常、僕たちにとってかなり良いトラックだし、ベルギーで唯一のことは、週末全体で天候がかなり予測できないことだ」

ウィリアムズ、バルテリ・ボッタスの成熟ぶりを称賛

2016年8月19日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、フェラーリ移籍の噂を振り払い、さらに良いドライバーになったとウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは評価している。

昨年、推測が彼の集中とリザルトの“妨げになった”と認めていたバルテリ・ボッタス。今年もフェラーリがキミ・ライコネンとの契約を更新するまで同じ噂が騒がれたが、よりうまくアプローチしていた。

バルテリ・ボッタス 「今年のウィリアムズは開発前で劣っている」

2016年8月16日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、今シーズン、ウィリアムズは開発面でライバルに劣っていると語る。

2014年、ウィリアムズは開発面でライバルを上回り、昨年までシーズン終盤までペースを維持。両方のシーズンをコンストラクターズ選手権3位で終えていた。

だが、今年はそれらの業績に匹敵することができず、4位に後退。さらにフォース・インディアに追い上げられている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム