ルーベンス・バリチェロ、インディ500の予選ポールデイで10番手

2012年5月21日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、インディアナポリス500マイルレースの予選初日に平均時速224.264マイルを記録。トップ9は逃したものの、初のインディ500の予選で10番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (10番手)
「本当に満足している。変な1日だったよ。プラクティスを終えてマシンに戻るまでの2時間の感情がどうだったかを言い表すことはできないね」

ルーベンス・バリチェロ、2002年のフェラーリの“脅迫”を暴露

2012年5月11日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、悪名高い2002年のF1オーストリアGPで、フェラーリから彼のモーターレーシングのキャリアを終わらせるとも受け取れる脅迫を受けていたことを明かした。

10年前、ルーベンス・バリチェロはA1リンクでのレースで先頭を走行していたが、最終的に最後のコーナーでチームオーダーに屈して、チームのナンバーワンドライバーだったミハエル・シューマッハに勝利を譲った。

ルーベンス・バリチェロ 「オーバルでの走行はF1とは非常に異なる」

2012年5月8日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、高速オーバルでインディカーで初走行。F1での19年間の経験とは非常に異なるものだと述べた。

ウィリアムズのシートを失って今年からインディカーに転向したルーベンス・バリチェロは、月曜日にテキサス・モーター・スピードウェイで行われたテストに参加。高速オーバルでの走行を初体験した。

ルーベンス・バリチェロ、F1復帰を諦めず

2012年5月7日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、まだF1キャリアを諦めてはいない。

19年間F1に参戦し、F1史上歴代最多記録を持つルーベンス・バリチェロは、2012年にウィリアムズのレースシートを失い、インディカーに戦いの場を移した。

「楽しんでいるよ」とルーベンス・バリチェロは O Estado de S.Paulo にコメント。

ルーベンス・バリチェロ、バーレーンとブラジルの比較に怒り

2012年4月20日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、ブラジルとバーレーンの安全状況を比較しているF1関係者を非難した。

水曜日の夜、フォース・インディアのメカニックがトラックからの帰路に事故に巻き込まれたことで、バーレーンでレースを開催することの妥当性についての疑問が再熱している。

だが、バーレーンにいることはブラジルと同様に危険であるとの見方が続いていることについて、ルーベンス・バリチェロは怒りを露わにした。

ルーベンス・バリチェロ 「オファーがあればフェラーリで走る」

2012年4月5日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、F1復帰する可能性を閉ざしてはおらず、オファーがあればフェラーリでF1復帰すると述べた。

今年、ルーベンス・バリチェロはウィリアムズのF1シートを失い、インディカーに転向。だが、トップチームからオファーがあった場合に復帰できるように準備しておかなければならないと述べた。

ルーベンス・バリチェロ 「フェリペ・マッサにはリラックスが必要」

2012年4月4日
フェリペ・マッサ
ルーベンス・バリチェロは、友人で窮境に陥っているフェリペ・マッサに、リラックしてドライバーとしての喜びを再発見するようアドバイスを送った。

今年インディカーに転向したルーベンス・バルチェロは、F1時代位の自分自身を振り返り、マッサが困難な状況を打破するには一度、心構えを整理することが重要だと述べた。

ルーベンス・バリチェロ、初のトップ10フィニッシュ (インディカー 第2戦)

2012年4月3日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、インディカー 第2戦 アラバマの決勝レースを8位でフィニッシュした。

14番手からスタートしたルーベンス・バリチェロは、洗練された力強いレースを展開。必要なときに燃料をセーブし、最後の30周で18番手から8位まで順位をあげ、インディカー参戦2戦目でトップ10フィニッシュを成し遂げた。

ルーベンス・バルチェロ、デビュー戦は17位 (インディカー 開幕戦)

2012年3月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2012年 インディカー 開幕戦 セントピーターズバーグでインディカーデビュー。14番手スタートからスタートしたルーベンス・バリチェロは、レース終盤に燃料トラブルがあり、17位フィニッシュした。

KVレーシングでインディカーデビューを果たしたルーベンス・バリチェロは「楽しかったよ」とコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム