ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、最終戦F1アブダビGPでのケータハムからのF1復帰を否定した。

ケータハムは、最終戦アブダビGPでの復帰を発表。ドライバーに関しては、小林可夢偉が走ることが決定しているが、チームメイトに関してはまだ発表されていない。

報道では、ルーベンス・バリチェロがスポンサーを用意し、衝撃的なF1復帰を果たす可能性があると伝えられていた。

しかし、ルーベンス・バリチェロは「F1を離れたとき、僕は正面玄関から退出した」とコメント。

「センセーショナルだったし、自分の19年間にプライドを持っている」

「でも、そのあと、再びブラジルでお別れをするという今回のアイデアが浮かんだ。でも、契約はブラジルだけのものだった」

しかし、ケータハムはアメリカとブラジルの2戦を欠場した。

「そうなれば素晴らしかっただろう」とルーベンス・バリチェロは認める。

「言ったように、僕はF1キャリアを輝かしく終えた。でも、ブラジルで再びさよならを言いたかった。今、どこか他でレースをするとすれば、競争的なクルマに乗っていなければならないと思う」

ケータハムからの復帰の誘いを受け入れるかと質問されたルーベンス・バルリェロは「実際、受け入れなかった。状況は非常にシンプルだ。全てはブラジルのためだった。アブダビについて交渉はしていない」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ケータハム