マクラーレン ホンダ F1
フェルナンド・アロンソが、ホンダへのフラストレーションを爆発させた。

今年のプレシーズンテストでホンダの新型パワーユニットにトラブルが多発。テスト2日目に46周しか走行できなかったフェルナンド・アロンソはホンダの新型パワーユニットには“パワーも信頼性もない”と怒りを露わにした。

マクラーレン・ホンダのポジションを評価するよう求められたフェルナンド・アロンソは「シャシー側に関してはそれほど遅れているとは思わない」とコメント。

「問題はひとつだけだ。パワーユニットだ」

「信頼性もないし、パワーもない。僕たちはストレートで30km/h遅い。全てのストレートでね」

「全てのストレートで30km/h遅ければ、クルマのフィーリングを掴むのは難しい」

「でも、シャシーの感触はいい。変更にもうまく反応しているし、バランスやコーナーを攻めてみても満足している。クルマを楽しんでいる」

「感触はすべていい感じなんだ。でも、通常のスピートに到達したときにどうなるかはわからない」

「僕は自分のベストを尽くして走っている。自分のことを最高のドライバーだと感じている。とにかく僕にはストレートで他と同じくら速く走れるエンジンが必要だ」

「チームは勝つ準備はできている。ホンダ以外はね」

フェルナンド・アロンソは、ホンダの状況は初年度の2015年ほど悪くはないと考えているが、それでも楽観的にはなれないと語る。

「正直、去年と似ている。2015年はおそらく今よりもさらに遅れていた」

「今年の方がちょっとフラストレーションが溜まっているかもね。レギュレーションが変わり、こんな状況だ。冬の間はギャップを縮められると高い期待を抱いていたい」

「僕たちは期待にマッチしていない。でも、一方でウィンターテストだし、シーズンは長いので対応する時間はある。でも、今は満足しているとか、状況はOKだとは言えない。

「もちろん、僕たちは改善する必要があるし、改善しなければならない。決して理想的な状況とは言えない」

「僕たちはビックチームなんだ。マクラーレンは長年スポーツを支配し、チャンピオンシップを戦ってきた」

「僕たちは全員からの対応を必要としている。僕たちは団結したままで、お互いに密接に働く必要がある」

「でも、チームからすぐに大きな対応があることを期待しているのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン