フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、これまでF1で戦った最も手強い相手としてミハエル・シューマッハの名前を挙げた。

「ミハエルは本当に特別だった」とフェルナンド・アロンソは Auto Motor und Sport にコメント。

「僕がレースをした全ドライバーのうち、間違いなく彼が最も優秀だった」

「誰もがミハエルを尊敬している。彼は伝説だ。僕の世代にとって、彼はずっとF1を支配した男だった」

「彼とレースをして、ワールドチャンピオンを争う機会を得られたのは特権だった」

フェルナンド・アロンソは、F1史上最も偉大なチャンピオンの地位を得たミハエル・シューマッハのクオリティについて次のように語った。

「彼は手強く、決して諦めなかったし、巡ってきた全ての機会を最大限に生かそうとしていた。彼は常にベストを尽くしていた」

「最終戦までタイトルを争った2006年シーズンのことは本当によく覚えている。ブリジストンがパフォーマンスを発揮していたときの彼は無敵だった。でも、ミシュランが勝っていたときでも、彼は考慮にいれなければならない力だった」

「パーフェクトな週末を過ごして、大量ポイントを奪うことに成功したときも、彼はまだ3位や4位でフィニシュするんだ! そんなことができるのはミハエルだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ミハエル・シューマッハ