フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、タイトル争いに絡めないことを寂しく思うと認める。

2005年と2006年にF1タイトルを2連覇したフェルナンド・アロンソは、2007年、2010年、2012年にシーズン終盤までタイトルを争った。

2013年には圧倒的だったセバスチャン・ベッテルに大差をつけられ2位、2014年にはフェラーリが不調に陥り、2回しか表彰台に立つことができなかった。

2015年にマクラーレン・ホンダに移籍したフェルナンド・アロンソは、この2年間に中団での戦いを強いられている。

過去のタイトル争いについてフェルナンド・アロンソは「5回もあのような感覚を経験できたのは十分にラッキーだ」とコメント。

「トレーニングをして、シミュレーターで走り、ファクトリーに行って、イベントをこなし、メディア対応をする。日曜に競争力を発揮して、タイトルをかけて戦うためなら何でもする」

「この4年は可能性とともに到着するという感覚を逃している」

「でも、その一方で、あのようなプレッシャーと感情をすでに5回も味わうことができて、2回はタイトルを獲得できたのは本当にラッキーだったと感じている。素晴らしい才能があるのにF1でレースをするチャンスさえ得られないドライバーはたくさんいる」

「F1に来れても、表彰台やトップ3記者会見を経験するチャンスもないドライバーもいる。ポールポジションからレースをスタートする感覚やグランプリで勝つことという経験をすることはない。とても優秀でもね」

「だから、もちろん、僕はとても幸運だと感じている。それが恋しいね」

フェルナンド・アロンソはルノー/ミシュランでフェラーリ/ブリヂストンのミハエル・シューマッハと戦った2006年のタイトル争いが、最もタフだったと考えている。

ミハエル・シューマッハについて「あの年はブリヂストンのパフォーマンスが良かったし、彼は常に必要な結果を出して、レースに優勝していた」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「ミシュランが有利で僕たちがかなり自信を持っていたときも、彼は上位にいた」

「彼より大量にポイントを獲得することについて考えていた週末も、彼は3位、4位、2位くらいにいたし、常にエクストラな結果を出していた」

「僕が戦ったドライバーの中でそんなことができたのは彼だけだった」

フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダのこの2年の苦難は、成功に慣れている者たちにとっては耐え難いものだと認める。

「マクラーレンはF1の歴史の中で2番目に優れたチームだ。Q1を戦っているなんて普通のことではない」

「チームの誰もプレッシャーを感じているし、まだそのような期待に応えることができていない。僕たち全員がフラストレーションを感じている」

「次に、表彰台や優勝を争うことができないという個人的なフラストレーションもある。10周後に問題が発生して、エンジンやバッテリーなどデチューンしなければならず、出せる結果すら出せないと言うね」

「ザウバーが来て、オーバーテイクして、全員が素晴らしいオーバーテイクに歓声を上げるかもしれないけど、僕たちの方が100馬力も小さいかもしれない」

「走り方を忘れたわけではない。自分たちのコントロールできない状況があるということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン