フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、2017年にストフェル・バンドーンがマクラーレンに加入しても、10年前にルイス・ハミルトンとチームメイトだった時のような関係にはならないと主張する。

マクラーレンに最初に加入した2007年、フェルナンド・アロンソは、GP2のタイトルを獲得したばかりのルーキーだったルイス・ハミルトンとチームを組んだ。だが、二人の関係はすぐに悪化し、フェルナンド・アロンソは3年契約を1年で解消してチームを離れた。

2015年にマクラーレンに復帰したフェルナンド・アロンソは、2年間ジェンソン・バトンとチームを組んできたが、2017年はジュニアカテゴリーで輝きを放ってきたストフェル・バンドーンがチームメイトになる。

だが、フェルナンド・アロンソは、10年前にルイス・ハミルトンと向き合ったような状況にはならないと語る。

「ハミルトン後の全てのチームメイトについて同じ質問をされたよ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「翌年、ルノーに加入したときは(ネルソン・)ピケJr.だった。彼らは『GP2のフロントランナーだし、若いドライバーだ。ハミルトンと同じだ』と言った。でも、そうではなかった。その次は(ロマン・)グロージャンだ。彼らは『GP2のフロントライナーだし、2009年にグロージャンはとても速いだろう』と言った。彼は速くなかった」

「フェリペ(マッサ)も同じだ。『気を付けろ。フェリペはフェラーリに長年いるし、彼はチームに慣れている。彼はとても速い』。彼は速くなかった。その次はキミ(ライコネン)。彼らは『ワールドチャンピオンがフェラーリに戻った。彼はとっても速い』といった。彼は速くなかった」

「ストフェルはどうなるか見てみよう。心配はしていないし、僕たちは今、タイトルのポジションやタイトル候補ではないので、僕たちは戦う必要がある。今、僕たちは一緒に仕事をしなければならない場所にいるし、なんとかしてこの厳しい状況を短くするためにチームを助ける必要がある」

「ストフェルが到着することに満足している。新鮮な空気が入ってくるし、GP2や今年は日本でとても優秀だった。でも、恐れてはいないよ・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン