アレキサンダー・ロッシ
アレキサンダー・ロッシは、昨年デイル・コイン・レーシングのインディカーのシートを選択して、F1での将来を追い求めることをほぼ断念しかかっていたと認めた。

現在、GP2で2位につけているアレキサンダー・ロッシは、今年ロベルト・メルヒに代わってマルシャで5つのグランプリに参戦。2007年のスコット・スピード以来となるアメリカ人F1ドライバーとなった。

しかし、アレキサンダー・ロッシは、競争力のないGP2を早めに終え、所属していたケータハムとマルシャで財政的な問題に見舞われた厳しい2014年の後、F1を諦めてインディカーのキャリアを追い求めることにほぼ傾いていたと明かした。

「とってもチャレンジングな2014年だった」とアレキサンダー・ロッシはコメント。

「最後の4ヵ月間はとても難しかったし、心のなかではGP2でのオプションもなかった。チームという点でも彼らのために走りたいと思うには十分に良くなかった」

「F1とのコンタクトやF1チームとの将来についての能力はゼロだったので、11月下旬から12月の時点ではインディカーのシートを追っていた」

その後、アレキサンダー・ロッシは、デイル・コイン・レーシングとの交渉に入り、GP2での生命線を繋いだレーシング・エンジニアリングのオファーを受けるまで、コミットする寸前だったという。

「1月の最初の週は、デイル・コインのチームと契約を結ぶ寸前だった」

「たぶん1週間未満でGP2の契約を提示されて、僕たちはヨーロッパに戻ることを決定した」

そのデイル・コイン・レーシングは2015年、合計8名のドライバーでシーズンを回すという状況に陥った。

アメリカのチームであるハースのシートを獲得できなかったアレキサンダー・ロッシだが、グランプリで経験を積んだことで、これまでよりもF1でシートを獲得することにより自信を感じていると述べた。

「F1シートのチャンスはこれまでのなかでベストだと感じている」とアレキサンダー・ロッシはコメント。

「どの方向にも焦点はゼロだった。たとえインディカーに目を向けていても、F1はまだゴールだった」

「来年、レースシートが得られなければ、そうなるかはあまりわからないし、そこが僕たちの焦点の全てを向ける場所だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレキサンダー・ロッシ | マノー